GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ビルトイン食器洗い乾燥機 [RKWR-F402Cシリーズ]
事業主体名
リンナイ株式会社
分類
家具・インテリア用品、住宅設備
受賞企業
リンナイ株式会社 (愛知県)
受賞番号
14G060467
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

大容量タイプで使い勝手の良い、フロントオープン型の食器洗い乾燥機。上下2段の引き出しカゴを設置して、食器の出し入れを容易にした。鍋などの大きな調理道具も楽に納まり、上下2段の洗浄ノズルで、素早く汚れを落とすことができる。また、時短と節電が可能なスピードコースや節水コースなどを搭載し、利便性や環境に配慮した使い方もできる。天面に操作ボタンを配置したことで、スリムでシンプルなフロント操作部を実現し、キッチンとの一体感を高めた。

プロデューサー

リンナイ株式会社 取締役 常務執行役員 開発本部長 近藤雄二

ディレクター

リンナイ株式会社 開発本部 デザイン室 室長 樋口哲也

デザイナー

リンナイ株式会社 開発本部 デザイン室 吉岡敬祐、前島恵

詳細情報

http://www.rinnai.co.jp

発売
2014年5月21日
価格

188,000 ~ 198,000円 (OEM先により設置方法、仕様、カラー等で販売価格は前後致します。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

キッチン

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

①大容量洗浄を生かした使いやす易さと分かりやすさの追求。②キッチンと調和するシンプルなデザイン。

背景

食器洗い乾燥機において近年、スライドオープン型が一般化しているが、限られた設置スペースの中で洗浄容量も限られている。そのような中、一度に多くのものを効率良く洗浄可能な商品が必要とされている。また、キッチンがリビング空間と一体化する傾向が強まり、食器洗い乾燥機においても極力目立たないシンプルなデザインが望まれている。

デザイナーの想い

食器洗い乾燥機では、「食器のセットが面倒」や「操作がわかりにくい」といった不満が多い。少しでも簡単に使えるという印象を与えるように、食器カゴのツメの長さや操作部のボタン配置と配色などにも気を配り、簡潔で明瞭なデザインを心掛けた。

企画・開発の意義

フロントオープンタイプに上下2段の引き出しカゴを設置して、食器の出し入れを容易にした。鍋などの大きな調理道具も楽に納まり、上下2段の洗浄ノズルで、素早く汚れを落とすことができる。また、時短と節電が可能なスピードコースや節水コースなどを搭載し、利便性や環境に配慮した使い方もできる。天面に操作ボタンを配置したことで、スリムでシンプルなフロント操作部を実現し、キッチンとの一体感を高めた。

創意工夫

キッチンに馴染ませるため操作部をスリムにする必要があったが、その分取っ手のスペースを確保するのが難しくなった。操作性を損なわないよう、取っ手の大きさについては試行錯誤を繰り返した。ドアはレバーをワンタッチで解除するだけで開閉でき、ドアの開け閉めが楽になった。また、ドアを開閉途中の位置で保持できる機構を搭載したことで、上面の操作をしやすくし、楽な姿勢で操作できる。コース等を選択する操作表示部をドア上面に配置し、前面には電源とスタート/一時停止ボタンのみとしたことで、扉を閉めた際にスッキリとした外観となりキッチンにも調和する。ボタンや表示を大きく分かりやすく配置し、ユーザビリティにも配慮した。

仕様

寸法:幅448mm×奥行564mm×高さ755〜855mm 重量:30kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

リンナイ営業、ガス器具販売店、リフォーム店
リンナイ株式会社

審査委員の評価

日本でビルトイン食器洗い洗浄機は、引出し式が使い勝手が良く人気で主流となっているが、洗浄容量が限られてしまう。家事の負担を軽減するために、フライパン・鍋・ボール等の調理器具も一緒に洗浄出来る大容量が今後はさらに求められる。時短、節水、省エネコース等の利便性や環境に配慮した使い方ができることも利用者にとっては大きな感心事。食器カゴのツメの長さやシンプルな操作部が分かりやす配慮となっていて好感をもった。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ