GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
洗濯乾燥機 [日立ドラム式洗濯乾燥機 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラムスリム BD-ST9700]
事業主体名
日立アプライアンス株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
日立アプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
14G040301
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日立ドラム式洗濯機「ビッグドラム」で好評価をいただいている大容量ドラム槽をボディ幅60cmの本体に収めることで、マンションなどの狭いユーティリティスペースでの設置性を向上した、スリムなドラム式洗濯乾燥機。衣類の出し入れがしやすいよう高い位置に設定した投入口や、洗剤が注ぎやすく掃除しやすい上開き式の洗剤投入口など、徹底したユーザー調査から発想した構造をスリム化のための構造変更時に採用した。日々利用する家電製品にふさわしい心地よい使用感と、長く清潔に使うための機能とを両立した製品に仕上げた。

プロデューサー

日立アプライアンス株式会社 家電事業部 事業部長 松田美智也

ディレクター

株式会社 日立製作所 デザイン本部 主任デザイナー 助口聡

デザイナー

株式会社 日立製作所 デザイン本部 野末壮,洪智源

発売予定
2014年9月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

大きな洗濯槽を備えつつ設置幅の制限を受けづらい、高性能で幅のスリムなドラム式洗濯乾燥機

背景

日立の「ビッグドラム」は、洗濯槽の直径を大きくすることで高い洗浄力や優れた乾燥仕上りを実現した製品であるが、ボディ幅も他社製品より広くなっている。このため、設置性が問題となり、マンション等では導入が困難な場合が多かった。しかし、その高い性能が認知されるにつれ、設置幅に余裕がなく購入を断念していたユーザーからの要望が高まったため、高性能を維持しつつ本体幅のスリムなドラム式洗濯乾燥機の開発に着手した。

デザイナーの想い

洗浄力や洗濯容量、省エネ・節水性などの基本性能を損なうことなく設置性の問題を解決することで、多くの家庭における洗濯の質向上をめざした。アイロンがけ等の家事負担を軽減するだけでなく、清掃性やメンテナンス性にも優れ、長く心地よく製品を愛用していただけるデザインが洗濯機の新しい価値になることを信じてデザインした。

企画・開発の意義

市場で評価を得ている「ビッグドラム」の高い洗浄力や乾燥仕上りを、狭い都市部のマンションにも設置可能なボディ幅60cmのスリムなデザインで提供し、より多くのご家庭で使っていただくことを目標とした。大容量のドラム槽や、操作パネル、洗剤ケースなどのレイアウトもユーザー視点に立ち一から見直すことで、スペースの限られた設置環境でも心地よく使用できるドラム式洗濯機のデザインをめざした。

創意工夫

本体のスリム化を図るため、洗濯槽や洗剤ケースなどの基本要素を効率的かつ使いやすく配置することが課題となり、原寸大の構造模型を用いて検討を重ねた。大容量のドラム槽は、従来よりも高い位置にレイアウトすることで衣類を出し入れしやすさを確保した。片手で軽く開けられるドアハンドルは、ドア周囲のリング部分に凹みを設けることで出っ張りのないスッキリとした構造を実現した。また、ドアリングは美しく汚れにくいUVコートのメタリック塗装を施し、外観上のポイントとした。 洗剤投入口は、液体洗剤も注ぎやすいよう幅の広い上開き式とし、フタやトレー部を簡単に取り外して洗える構造を実現し清掃性を向上させた。 操作部には液晶タッチパネルを搭載。頻繁に使用するボタンは、タッチキーとして、画面の外に配置。表示エリアを広く使い、見やすくするなど操作性に配慮した。

仕様

1050H x 630W x 715D (mm)/82kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、日立チェーンストール等
日立の家電品・洗濯機HP

審査委員の評価

2013年度に受賞した洗濯機に「ナイアガラ洗浄」が付加された本機。マンションなどの狭いユーティリティスペースにおいても設置できるように「ボディ幅を60cmの寸法に収める」というDNAを踏襲している。一見すると何ら変化のないように見える本製品ではあるが、機能を付加したにも関わらず外観を一切変えずボディ幅を保つという開発をするには血のにじむような努力が必要なのである。DNAを踏襲した点を高く評価した。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ