GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
電気掃除機 [Panasonic MC-JP500G シリーズ]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
14G040291
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

床から高所・隙間まで、高齢者でも軽く楽に掃除ができることを目指した紙パック掃除機/業界初・軽量繊維を外観に用いた業界最軽量2.0kgのボディ/首が自在に曲がって高い所・狭い所に楽に届き、LEDライトで暗い所も安心な軽量ロングノズル/ホースから先も、発泡成形など重量低減。ハウスダスト発見センサーやエコナビによる省エネ、ゴミの取れ具合が見えるLEDライトノズルなど、本格機能を搭載しつつ全身軽量化を実現。/持って掃除しやすい大きなハンドルと優しいデザインで、永く大事に使って頂ける商品を目指した。

プロデューサー

パナソニック株式会社 アプライアンス社 ランドリー・クリーナー事業部 事業部長 渕上英巳

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー 今野馨晶

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー 越智健介、吉田尚史、永田尚、筆谷直揮、梅田雅一

詳細情報

http://panasonic.jp/

発売予定
2014年11月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

軽々3D掃除スタイル:軽量繊維と持ちやすさ魅せる上質デザイン/首曲げ自在で高所も楽な孫の手ノズル

背景

高齢者にとって掃除は重く辛く、その負担軽減が長年の課題であった。高齢者への調査で、軽いが安物でなく本格機能性能を持つ掃除機が無いことや、高い所や隙間掃除がし難いことなどが、不満の声として大きかった。この声に応えるべく、高齢者の支持が高い紙パック掃除機をベースに、本体からノズルまで全身軽量化しつつ本格機能性能を兼ね備えた上質な掃除機の開発、高所・隙間まで掃除しやすい新たな付属ノズルの開発を開始した。

デザイナーの想い

今まで高齢のお客様は、軽いが低機能でチープな掃除機か、高機能だが重い掃除機の二者択一を迫られていた。これらのお客様の生の声を聞き、切望されていた「高級機種のしっかりした機能性能を備え、軽くて、自分たちの生活にあった上質な掃除機」を実現しなくてはならないとの強い思いで、ものづくり部門やマーケティング部門と一丸になって開発に取り組んだ。

企画・開発の意義

床掃除だけで無く、高い所から家具、狭い所まで、連続して軽々スピーディに掃除できる快適さの実現を目指した。「軽量=性能機能を割り切った安物」ではなく、軽量ながら高級機種の細やかな機能配慮が施された商品として、豊かな使い心地や上質な存在感の実現も同時に目指した。それらによって、高齢の方にも永く安心して使って頂ける商品の実現を図った。

創意工夫

デザイナー自ら設計の源流に入り込み、内蔵部品の直列配置でデッドスペースを最小化したスリムな軽量骨格を提案/立て置き収納状態から積極的に本体を持って移動・掃除しやすいよう、フロントに大きなハンドルを配置/軽く使いやすいだけでなく、永年大事に使って頂くために、優しく飽きの来ない上質なデザインを目指し、繊維素材やハンドルを一体で優しく包んだデザインを追求。徹底した軽量化でチープになりがちな状況下で細部まで拘り商品化に繋げた/高所・狭所用孫の手ノズルについては、デザイナー自ら3Dプリンタ活用で可動ワーキングを制作、ものづくり部門と共に高齢のお客様家庭での操作体感検証を重ね、性能と軽い操作性の両立を目指した。

仕様

本体寸法(幅×奥行×高さ)192×383×191mm/本体質量2.0kg /消費電力850〜約380W/吸込仕事率300〜約100W/運転音63〜約57dB/集じん方式 紙パック式/省エネ機能(エコナビ)/ ハウスダスト発見センサー /親子ノズルLEDナビライト/軽量化新素材(PP-FRP)/軽量化新工法(発泡樹脂成型)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

量販店、パナショップ
Panasonic: パナソニック商品情報

審査委員の評価

高齢者のニーズを分析し、デザイナーと技術者が一丸となって徹底的な軽量化と愛着の持てる製品づくりに取り組んだ挑戦的なプロダクトである。軽量化のための素材技術であるPPFRPは、そのテクスチャーに着目したデザイナーが本体材料にも採用することにより、個性的で美的なサーフェスを創り出し、プロダクトのキーマテリアルとなっている。ハンドルを含む造形のまとまりやインターフェイスの綺麗さ、素材の扱い、ノズルが自在に曲がり高く手の届かない場所も掃除できる点などに新規性があり高評価のポイントとなった。軽くても最高水準の機能があり、慣れた紙パックであるなど、愛着の持てる最高の使いごこちを実現しようとした志の高いアプローチが高く評価された。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ