GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
家電 [無印良品 キッチン家電シリーズ]
事業主体名
株式会社良品計画
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
株式会社良品計画 (東京都)
受賞番号
14G040286
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

鍋や食器のようにキッチンやダイニングを取り巻く環境に調和する、暮らしの道具としての姿を目指したキッチン家電シリーズ。過度に多機能化した複雑な家電よりも、シンプルな機能でわかりやすく、長く愛着を持って使い続けられる家電が欲しいと言う生活者の声に応えた。冷蔵庫やオーブンレンジなどの「壁」に近い道具は、生活の背景となるよう四角い箱型に、電気ケトルや炊飯器などの「人(身体)」に近い道具は、丸みを帯びた優しいかたちとした。余計な装飾に頼らず、使い勝手や手触りや質感、適正な価格にこだわり、人々の生活の潤いや暮らしとの調和を第一に考える無印良品の思想を、これからの時代の一つの家電の姿としてかたちにした。

プロデューサー

株式会社良品計画 生活雑貨部 大伴崇博、池内端

ディレクター

株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室 矢野直子

デザイナー

ナオトフカサワデザイン 深澤直人

詳細情報

http://www.muji.net/electronics/

発売
2014年3月
価格

4,900 ~ 150,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

鍋や食器のようにキッチン空間と調和し、親しみのある魅力と優しさを備えた、暮らしに溶け込むキッチン家電

背景

近年の日本の家電産業は、グローバルな価格競争に巻き込まれ、かつての強みを発揮しにくくなっている。多機能を付加価値としてきたこれまでの家電市場には、機能競争の末、必要以上に複雑化した家電が並ぶ一方で、日々の生活に必要な基本機能やデザインの質の方に目を向ける生活者が多くなってきている。家電はもはや生活雑貨に近くなりつつある。成熟社会を迎え、そこには新たな豊かさの再定義が求められていた。

デザイナーの想い

無印良品のこれからの家電の姿を考えたとき、鍋や食器のような日々の生活に溶け込むキッチン家電の姿が頭に浮かんだ。 単に装飾を省き、シンプルにするだけでなく、人の温かみが感じられる優しさを備えた魅力も持たせたいと思った。製品の角には柔らかい丸みを持たせ、手触りや質感に気を配った。物質的な豊かさが満たされつつある人々の生活に潤いを与え、永く愛着を持って使い続けられる道具たちになっていくことを望んでいる。

企画・開発の意義

機能スペックや華美なデザインを特徴とした家電ではなく、暮らしとの調和や人とモノとの関係性を価値とした新たな家電の姿を目指した。日々の生活に潤いを与える道具としての美しさと、人々に長く愛されるような、親しみのある魅力や優しさを持ち合わせたキッチン家電を、ライフスタイルを含めたトータルな提案として、適正な価格で生活者に届けた。

創意工夫

余計な加飾に頼らず、できるだけシンプルにコストを抑えながら、製品の質を上げるためには、細部のデザインや質感に十分に気を配る必要がある。一般的にテカテカとした光沢仕上げが用いられるキッチン家電だが、手触りのよい、さらさらとしたマットな質感にこだわった。シリーズで統一されたこれらの質感は、環境への負荷にも配慮し、塗装は極力控え、成形によるシボを採用したが、金型の抜き勾配等の条件がデザイン的に大きな制約になるため、複雑な金型構成にもチャレンジした。 ミニマルであるが無機質なデザインにならないよう、親しみのある魅力や優しさを持たせることにも留意した。家具のような丸棒のハンドルを有した冷蔵庫、天面にしゃもじが置ける突起のついた炊飯器、水差しのようなかたちをした電気ケトルなど、どれも、人の行為に寄り添い、そのものの機能を自然なかたちとしたデザインで、人々に永く愛されるような定番のかたちを目指した。

仕様

アイテムにより異なる

どこで購入できるか、
どこで見られるか

無印良品 有楽町店
無印良品ネットストア

審査委員の評価

ようやく暮らしの道具といえる家電製品ができたと感じた。華飾が少なく、カタチそのものによるデザインがモノの価値を表しているこれらの製品群は、正々堂々とした勇敢なデザインと言えるのではないだろうか。ことさらに物質感を主張する華飾にまみれたモノ達が、なにか滑稽で気恥ずかしいものに感じられる。この家電製品シリーズが体現する「適切な豊かさ」はこれからの工業デザインが生き残る道を示しているように感じた。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ