GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
冷蔵庫 [Big2シリーズ]
事業主体名
日立アプライアンス株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
日立アプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
14G040275
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東南アジア諸国をメイン市場としたトップフリーザータイプの大容量2ドア冷蔵庫である。家庭内における冷蔵庫のあり方を見直し、リビングに置かれることも多い冷蔵庫のハンドルの突出をなくしフラットとすることで作業の邪魔にならずスッキリとした外観を実現した冷蔵庫である。また、メイン市場となる地域の気候の暑い環境下においても、高い冷却性能の維持と、省エネ性の実現をめざして開発した。

プロデューサー

日立アプライアンス株式会社 家電事業部 事業部長 松田美智也

ディレクター

株式会社 日立製作所 デザイン本部 主任デザイナー 海老原徹

デザイナー

株式会社 日立製作所 デザイン本部 中島一州

詳細情報

http://hitachiconsumer.com.my/index.php/home-appliances

発売
2014年2月
販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ハンドルの突出をなくしフラットな構成としてインテリアとの収まりと作業性の向上を狙う。

背景

2ドアというシンプルなドア構成の冷蔵庫においても、近年求められる価値観が多様化し、市場はサイズや仕様の異なる製品で活気を見せている。メイン市場である東南アジアではリビングに冷蔵庫が設置されるケースも多く見られインテリアとの整合を気にするユーザーが増えてきた。このような新たな価値に答えるべくフラットな扉の冷蔵庫とすることでインテリアとの収まりがよい冷蔵庫をいち早く市場に投入し市場の拡大を狙った。

デザイナーの想い

冷蔵庫に求められる基本性能や使いやすさといったモノづくりの基本をしっかりと守った上で、上質な家具のように、ユーザーが日々使用する中で、愛着と満足を感じていただけるようなデザインをめざした。単にスッキリとさせるのではなく、新しい価値を創出するべく、存在感を強調したガラス素材の組み合わせを吟味した。

企画・開発の意義

冷蔵庫を道具として捉えれば、重い扉を開けるために握りやすいグリップハンドルは使い勝手が良いが、東南アジアを中心とした設置環境は決してゆとりのあるスペースではないため、グリップハンドルは周囲の環境にとって障害となってしまう。ハンドル形状を見直すことで、冷蔵庫が及ぼす空間に対する視覚的、物理的な影響を見直した製品を提供し、冷蔵庫を住空間の一部という意識で評価する軸を得られると考えた。

創意工夫

ハンドルの突出をなくし、スッキリとした表面とすることで狭い部屋でもハンドルが邪魔にならずスムーズな作業が出来るように配慮した。幅の広い2ドアの性質上、重くなってしまうドアの開け閉めを左右どちらからでも操作できる指のかかりを大きく取ったハンドル構成として使い勝手を向上させると共に扉表面に表情の異なる2種類のガラスを使用し存在感を強調させた。 機能面では、冷蔵室、冷凍室それぞれに専用のファンを設け各室内の状況に応じてきめ細かく冷却するデュアルファンクーリングシステムとインバーター制御により当社従来機種と比較して38%の省エネを実現した。

仕様

550L:1835H x 855W x 740D (mm) 98kg/510L:1760H x 855W x 740D (mm) 94kg /450L:1835H x 715W x 740D (mm) 85kg (備考:容量はNet Capacity)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東南アジアの大型家電量販店
Hitachi Sales (Malaysia) Sdn Bhd

審査委員の評価

質感と色とカタチのバランスがとても良いデザインである。暮らしに馴染むシンプリシティーとモノの存在感、このふたつを素材の使い方で上手にコントロールしているところに好感が持てる。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ