GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電子レンジ [日立過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-NBK5000]
事業主体名
日立アプライアンス株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
日立アプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
14G040270
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

過熱水蒸気を使って脂や塩分を落としてヘルシーに調理できるメニューや揚げ油を使わないヘルシーな揚げ物、油を使わないヘルシーないため物、ビタミンCの減少を抑えるメニュー、ヘルシー素材を活かしたりカロリーをカットしたりしたオートで調理できるベーカリーなどのヘルシーメニューが充実しています。もちろんベーカリーも進化し、仕上がるパンの形状もこだわりの形です。  更に操作は液晶タッチメニューで簡単に行え、ソフトクローズドアを採用してゆっくりやさしく閉まります。また、設置性にも配慮し、左右・背面壁ピッタリ&上方スペース10cmのコンパクト設置。さらに高級感あるハーフミラーガラスで上品に仕上げています。

プロデューサー

日立アプライアンス株式会社  家電事業部 事業部長 松田 美智也

ディレクター

日立アプライアンス株式会社  商品計画本部  デザインセンタ 主任技師 北嶋正

デザイナー

日立アプライアンス株式会社  商品計画本部  デザインセンタ 瀬川教隆,上遠野耕一

詳細情報

http://kadenfan.hitachi.co.jp/range/index.html

発売
2014年6月12日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ヘルシーな調理とオートベーカリー機能が液晶タッチメニューで簡単に行える過熱水蒸気オーブンレンジ。

背景

弊社の調査でオーブンレンジに期待する効果や魅力を感じる機能としてヘルシー関連の内容を選ぶお客様が多いことがわかった。更に、少人数の世帯数が増えていることを受け、液晶タッチメニューの使いやすさを活かして1人分、2人分の材料・付属品表示も可能にし、設置環境への影響も抑えるよう、コンパクトな設置性能を実現し、インテリアにも映えるようハーフミラーガラスを、使いやすさを求めてソフトクローズドアを採用した。

デザイナーの想い

ベーカリー機能を、安全に、わかりやすく使ってもらいたい。そのために、機能、機構、操作性をプロトタイピングやシュミレーターにて徹底的に検証し、パンケースや投入器、収納ケースなどのデザイン開発を行った。ユーザーがオートパンコースだけでなく、自由にアレンジしたパンづくりを楽しめるように、タイマー機能やタッチパネル、音声操作、表示部の開発を行った。使う人が心地良いやさしく閉まるソフトクローズドアとした。

企画・開発の意義

オーブンレンジの調理法には様々なヘルシー調理への可能性がある。それをお客様に伝えることでお客様の生活をより豊かにすることが企画・開発の意義である。その中で今まで難しかったベーカリー機能の搭載という課題を乗り越え、操作や設置、および外観等のデザイン性も高めることでお客様の満足度向上に貢献することで、お客様の生活をより豊かにすることができる。

創意工夫

ヘルシーな調理を実現し、かつ操作や設置などにも配慮して企画・開発を行った。ヘルシー調理では世の中のトレンドやお客様の仕様実態を調査し、脂や塩分を落とす調理、揚げ油を使わないノンフライ調理の他、当社独自のスチームグリルを活かした脂を使わないいため物、ビタミンCを守る料理や、発酵食品などのヘルシーな食材をもちいた料理、ベーカリーにもヘルシー素材を活かしたりカロリーをカットしたメニューを開発した。更に少人数の世帯が増えている背景を受けて開発した1人分、2人分メニューも食材やメニューに合わせて最適な仕上がりを実現、その操作も液晶タッチメニューを通して使い勝手に配慮している。解凍メニューも細分化するなどしても仕上がりへ配慮している。その他、閉めた時のショックを和らげ、ゆっくりとやさしく閉まるソフトクローズドアを採用し、オーブンレンジとしての価値を高める工夫を凝らした。

仕様

418H x 500W x 459D (mm) 24.0 kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、日立チェーンストール
日立の家電品

審査委員の評価

多彩な機能を持つ電子レンジの進化形である。ベーカリーも含めた多機能をコンパクトにまとめあげた努力は評価できる。機能の多彩さはユーザーへのガイダンスが不可欠なレベルにに達しており、液晶ディスプレイでの案内に製品の進化を感じさせる。高級機種としての質感、信頼感もある。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ