GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ネットワークオーディオ用ストレージ [HA-N1 series]
事業主体名
株式会社バッファロー
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
株式会社バッファロー (愛知県)
受賞番号
14G040239
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本製品は、高級ネットワークオーディオシステム用に開発されたネットワークストレージである。 マーケットでは、PC用に開発されたストレージをオーディオシステムに使用している現状であるが、当製品は業界初のネットワークオーディオシステム専用にゼロから開発されたストレージである。(2014/02当社調べ)各部品はピュアオーディオ思想(電気的にも、物理的にもノイズを極力排除する設計思想)を考慮したこだわりの設計と部品選定を行うことで製品化を進めた。 上位機種のHA-N1Zは、専用開発されたオーディオグレードSSDを2台搭載し合計容量512GB。中位機種のHA-N1Aは、HDDを2台搭載で合計容量2TB。

プロデューサー

㈱バッファロー BBSビジネスユニット

ディレクター

㈱バッファロー グローバルデザイン室 室長 小幡真也

デザイナー

㈱バッファロー グローバルデザイン室 古畑直紀

詳細情報

http://dela-audio.com/

発売
2014年2月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

制振、静寂、品位の表現と、高級ネットワークオーディオシステム空間への調和

背景

音楽を鮮明に再現するハイレゾ音源の再生には、ハードウェアにも従来以上のクオリティーが必要である。以前は、音源の保存・配信を担うネットワークストレージには、オーディオ機器として開発されたものが存在しなかった。 また、当社は1975年オーディオアンプメーカーとして創業し、現在は無線LANやNAS等、PC周辺機器のトップブランドに成長した。そこで、創業時のDNAと現在の技術を投入し、企画・開発を始めた。

デザイナーの想い

本製品は、ネットワークオーディオシステムのコンポーネントの一つであり、他社製品や空間との調和を考えた。とはいえ、他にない高級な商品であり、所有感を感じてもらうのも大事な要素である。そのため、シンプルでエッジの立った形状の中に、ディスプレイとボタンのレイアウトによるアイコニックなフロントデザインとした。また、高精度の組み立てと繊細な表面処理で高品位な印象を与えられるようにこだわった。

企画・開発の意義

ハイレゾ音源時代では、PC周辺機器がオーディオコンポーネントの一部に欠かせなくなっているが、オーディオ視点で設計されたものが存在していなかった。保存や伝送等の基本機能は提供するものの、電源品質やノイズ対策は乏しく、外観もオーディオ機器には不釣合いだった。 HA-N1は、高級ネットワークオーディオプレーヤーの実力を100% 発揮する唯一のネットワークストレージである(2014/02 当社調べ)。

創意工夫

電源をはじめ主要部品からのノイズ放射を低減し、制振構造を徹底した。筐体の各面を分離したセパレート構造、内部を2つの電源部、SSD部、メイン基盤部に分割した左右対称内部クロスフレーム構造、楢材と鋳鉄の2つの異素材を組み合わせたインシュレーター等、徹底した低ノイズ、制振構造とした。 金属の塊を思わせるオーディオ機器としての風格を備え所有感を満たす外観、専任スタッフによる高精度の組み立ては、制振性能や高い剛性だけでなく、高精度の外観品質を実現している。HA-N1Zは、アルミ厚板の外装パネルによるソリッドな形状、各ボタンにダイヤカットを施し、繊細な高級感を演出した。HA-N1Aのフロント部は、アルミ押し出し材にヘアライン処理を加え、高級オーディオの表現とした。 また新ブランドとして立ち上げることから、専用Webサイト、パンフレットを含めブランドイメージを統一した。

仕様

HA-N1Z(SSD搭載モデル) 350×65×370mm 7kg, HA-N1A(HDD搭載モデル) 436×70×352mm 7kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

バッファローダイレクト
DELA公式ホームページ
バッファローダイレクト

審査委員の評価

シンプルで、ある意味、古典的な材質とまとめ方であるが、それが逆に今の時代に新鮮で好印象を持った。ネットワークストレージとして、低ノイズ・制振構造へのこだわりなどもよく考えられている。このような正攻法の取り組みは評価したい。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ