GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
グラス [クラフトビア]
事業主体名
石塚硝子株式会社 ハウスウェアカンパニー
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
石塚硝子株式会社ハウスウェアカンパニー (愛知県)
受賞番号
13G020193
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

クラフトビールの多様な美味しさを味わうためのグラスシリーズ。ビールの爽快な喉越しを引き立てる「クラフトビアグラス(爽快)」ビールの芳醇な香りを引き立てる「クラフトビアグラス(芳醇)」ビールの重厚なコクを引き立てる「クラフトビアグラス(重厚)」

プロデューサー

石塚硝子株式会社 ハウスウェアカンパニー 社長 杉浦修

ディレクター

石塚硝子株式会社 ハウスウェアカンパニー 営業本部 市販販促グループ リーダー 伊藤裕之

デザイナー

石塚硝子株式会社 ハウスウェアカンパニー 営業本部 市販販促グループ 木下慶二

発売
2013年6月3日
価格

700円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

「爽快」「芳醇」「重厚」の3種のグラスが、それぞれビールの「喉越し」「香り」「コク」を引き立てます。口肉厚を極力薄く設計しており、ビールの味わいを損ないません。また、クラフトビール1本分をグラス2杯で飲める小ぶりなサイズ感は扱いやすく、飲み比べにも適しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

全面イオン強化を施しており、薄肉のグラスでありながらも丈夫です。また、家庭用の食洗機もお使い頂け、背が低いグラスである為、手洗いも簡単です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

クラフトビールのグラスを生産することで、クラフトビールの消費量が増えれば、日本各地の醸造所の発展にも貢献することができます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

工場での排出カレット(ガラス片)を原料に混合し、再利用し生産しました。また、当製品のガラスもまた原料としてリサイクルが可能で、環境面で持続可能な社会の実現に貢献します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

日本には素晴らしいものがたくさんあります。クラフトビールはもともと海外の文化でしたが、日本人の感性、美意識によって再解釈され、新しい日本の文化として、いま再び花開こうとしています。そんな質の高い、本当に味わい深い日本のビールをもっと多くの人々に楽しんで頂きたいと思い、このグラスをデザインしました。

審査委員の評価

クラフトビールの個性に着目し、多様性を楽しむためのデザインに特化した点にオリジナリティが感じられる。喉を潤す「とりあえずビール」のためではなく、クラフトビールを味覚と視覚の両方で味わうための最適なフォルムを追求することから生まれた3種類のグラス。別々のビールが注がれたグラスを前に、興味津々のユーザーの顔が目に浮かぶ。ビールグラスにしては小振りなサイズも、様々なビールを飲み比べる楽しみを促し、テーブルを囲む人々の会話もはずむことだろう。ビールを飲むための行き届いたエクスペリエンスデザインに好感が持てる。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ