GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電気ケトル [CK-TA06・08]
事業主体名
象印マホービン株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
象印マホービン株式会社 (大阪府)
受賞番号
12GA10256
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

レバーを押している間だけ給湯ができる、安全に配慮した電気ケトル。沸とうすると自動で電源が切れる「マイコン沸とう検知センサー」、転倒してもお湯がこぼれにくい「転倒湯もれ防止」機能などを備えている。また、沸とうしたお湯がたまる内容器と本体が二重構造になっており、両手で支えながら給湯ができる点も特徴。

デザイナー

象印マホービン株式会社 デザイン室 秋山慶太

詳細情報

http://www.zojirushi.co.jp/syohin/electricairpot/CKTA.html

発売
2012年9月21日
価格

5,980 ~ 6,980円 (5980円は06サイズ・6980円は08サイズの価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

比較的低価格でありながら、安全機能など高い品質を持ち長く使える製品に仕上がっている。別売りのクエン酸洗浄を行うことで、きれいな状態のまま長期間使用することができる。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

使用頻度が高く、高温のお湯を扱う製品のため、転倒湯もれ防止や空だき防止センサーなどの安全機能を持ち、高い安全性と使用性を提供します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

それぞれ異なったターゲットに向けた3色のカラーバリエーションと、優しい丸みを帯びた形で、日常生活を楽しく演出します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

製造、輸送、販売など多くの業種が関わるため、さまざまな分野の活性化につながります。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

長く使える品質の高い商品を提供することで、ものを大切に使う社会に貢献します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

安全性が高く、手軽に使える製品ですので、毎日の生活の中で気持ちよく使っていただければと思います。また、機能もデザインもシンプルに仕上げた、長く使える製品です。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

各種家電量販店、GMSなど

審査委員の評価

レバーの押し加減で湯量が調節でき、沸騰すると自動で電源が切れる機能や空焚き防止機能、転倒してもお湯がこぼれにくい構造を備えるなど、使いやすさや安全、安心面に対して配慮された電気ケトル。蓋は中央のボタンを押すことで簡単に取り外すことができるようになっており、給水や清掃が容易に行えるよう工夫されている。シンプルに仕上げられた外観は、キッチンツールらしく衛生的な印象にまとまっている。

担当審査委員| 和田 達也   岩崎 一郎   後藤 禎祐   佐々木 千穂  

ページトップへ