GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
プラスチック家庭用品 [ラストロウェア ザ マイクロクリア シリーズ]
事業主体名
岩崎工業株式会社
分類
食卓・調理用品
受賞企業
岩崎工業株式会社 (奈良県)
受賞番号
11G03020
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

冷蔵庫や冷凍庫に入れても、中身がクリアに見える高透明な容器です。耐熱性の高い新開発軟質ポリプロピレンのフタと、耐衝撃性に優れた新開発耐熱飽和ポリエステルの本体で、食器洗い乾燥機にも使える容器です。耐薬品性にも優れています。また規格化されたサイズ設計により、収納時には入れ子が可能に。食器棚やシンク棚でも、無駄なスペースを作らず、すっきり収納できます。

プロデューサー

岩崎工業株式会社

ディレクター

岩崎工業株式会社 新規事業推進室

デザイナー

岩崎工業株式会社 新規事業推進室

詳細情報

http://www.lustroware.co.jp

発売
2010年9月1日
価格

450 ~ 850円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

石化燃料の持続可能性において、その消費量を極力抑えるために従来の製品寸法を殆ど変更することなく、肉厚等の形状変更をすることにより、本体で約13%、フタで約37%の軽量化を達成致しました。また廃棄物処理の持続可能性においては従来品が食器洗い乾燥機等の誤使用により廃棄されていたことを防ぐために、部材の柔軟性を損なわずに耐熱性を備えた素材の開発に取り組み実現を致しました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来のポリカーボネート樹脂による食品保存容器は昨今の環境ホルモンの問題により、その市場はほぼゼロに近くなってしまいましたが、この度の飽和ポリエステルの採用によりこれまでの機能を損なうことなく、その上軟質ポリプロピレンと共に環境ホルモン擬似物質を含まない消費者に安心してお使い戴ける容器の開発ができました。またその他食品安全性につきましてもそれぞれの衛生基準に合致していることは言うまでもありません。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ポリカーボネート樹脂製の保存容器の市場縮小にともない、市場ではガラスの保存容器が一部を占める様になって参りました。しかしながら“重たさ”や“割れやすい”等と言った消費者の懸念は現在も否めません。この度の商品の開発によりガラス同等の透明性を維持しながら、衝撃性に優れ、食品安全性も問題がなく、その上食器洗い乾燥機の使用にも対応できると言った、消費者にご満足の戴ける商品になったと考えております。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

飽和ポリエステルはポリカーボネート樹脂の代替素材としてガラスやその他高価なエンジニアリングプラスチックに置き換わった製品や部材を再び置き換える可能性を秘めております。また軟質ポリプロピレン製のフタは食器洗い乾燥機に対応する世界初のそれとなりましたが、今後それに留まらず柔軟性と耐熱性を必要とする様々な製品や部材への対応が期待できます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

飽和ポリエステル、軟質ポリプロピレンとも環境ホルモン擬似物質を含んでいないため廃棄後埋め立て処分されても土壌中にそれが放出されることはありません。また誤使用(食器洗い乾燥機での使用等)により、製品を廃棄処分する機会の減少も見込まれます。保存容器を業務用途ととして大量に使用する場合において、他の部材と同時に食器洗い乾燥機で洗浄が可能になったことで、節水にも貢献できると考えております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

弊社は高機能を有するプラスチック密封保存容器としてポリカーボネート樹脂と超低密度ポリエチレンを組み合わせた商品を提供して参りましたが、環境ホルモン等の問題によりそれを断念するに至りました。しかしながら消費者からこれまでの機能に食器洗い乾燥機対応機能を含めた全く新しい容器開発の強いご要望が多々あり、数年の研究開発を経て商品化に成功致しました。どうぞこの新しい保存容器をお使い戴ければと考えております。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

イトーヨーカドー様

審査委員の評価

超安価な商品か過飾な商品に大別される食器の中で、これ以上変わりようがないほどシンプルなかたちと高い透明度のハーモニーで、高い質感を感じさせるデザインを実現している。

担当審査委員| 朝倉 重徳   安積 朋子   田子 學   蓮見 孝  

ページトップへ