GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
歯ブラシ [ネオタフト]
事業主体名
株式会社歯愛メディカル
領域/分類
身体領域 - 健康・ケア・介護用品
受賞企業
株式会社歯愛メディカル (石川県)
受賞番号
10A02001
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

毛束が1つになって先端部がとがったワンタフトブラシと、短くフラットにそろえたミニブラシの2種類を1本にまとめた歯ブラシ。ヘッドは縦約10mm、横約7mmと小さめにしたうえ、柄の中央から先をブラシの根元側に曲げたことで、ブラシが奥歯に確実に届きやすい形状としました。これにより、ヘッド先端のワンタフト部分で通常の歯ブラシでは届きにくい歯の裏側や重なり合った部分、歯間などの歯垢を取り除き、ミニブラシ部分では奥歯の頬側面まで確実に磨くことを可能にしました。特に歯周病や口臭の原因となりやすい歯ぐきの境目の歯周ポケット部が容易に磨け、使用後のツルツル感が簡単に得られます。全長168mm。

プロデューサー

株式会社歯愛メディカル 清水清人

ディレクター

株式会社歯愛メディカル 清水清人

デザイナー

株式会社歯愛メディカル 清水清人

デザインを手がけた現役歯科医師でもある、当社社長の清水清人。

発売
2010年6月1日
価格

300円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

歯の重なり合った部分や最後臼歯の奥側など、一般的な歯ブラシでは磨きづらかった部分の歯垢を除去しやすくすることを目指した。

デザイナーのコメント

一般的には、磨いているつもりでも実際には磨けていない場合があり、残った歯垢が原因で虫歯や歯周病に悩まされる人が少なくありません。こうしたリスク部位の歯垢除去には、毛束が1本にまとまったブラシと通常の歯ブラシとの併用が必要でした。歯科医師の立場から2種類の形状の歯ブラシを1本にすることで、リスク部位も丁寧かつ簡単に磨けるように、当院歯科衛生士と共に多くの患者さんの歯型を基にデザインしました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

永久歯列のある幅広い年齢層を対象に、これまでの歯ブラシでは届きにくかったリスク部位の歯垢を効果的に除去することを目指して開発した。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

2種類のブラシが奥歯の頬側や歯間などにたまった歯垢をかき出し、使用後に舌で歯の滑らかな感触が得られるようになった。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

ヘッドの先端側に位置するワンタフトブラシは、リスク部位をなぞるように磨くことで、たまった歯垢をかき出すことができる。ヘッドの根元側にあるフラット状のミニブラシは歯垢を取り除いた部位の仕上げ磨きにも有効である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の歯科医院、通販サイト「デンタルフィット」
http://shop.dentalfit.net/

審査委員の評価

歯ブラシは世の中にたくさんあるが、このブラシは用途への展開、つまり「歯を磨きやすい」と視覚的に感じさせる形状がいい。色もカタチもシンプルである点も評価。

担当審査委員| 左合 ひとみ   安積 朋子   高尾 茂行   原 研哉  

ページトップへ