GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
テーブルウエア [パイレックス・スクエア]
事業主体名
平山 恵子
領域/分類
生活領域 - 食卓・調理用品
受賞企業
株式会社岩城ハウスウエア (千葉県)
受賞番号
09B03005
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日常的に使うテーブルウェアをプレス成型による肉厚な耐熱ガラスで作りました。テーブル上でどんな料理をのせても映えるような、おもてなしにも使えるシンプルで美しい器を目指しました。耐熱ガラスなのでオーブン・電子レンジでも調理可能で温め直しもできます。食器洗浄乾燥機も使用でき、衛生的にお使い頂けます。豊富な5タイプのサイズ展開、どのタイプも収納場所を取らない重ねやすい形です。

プロデューサー

株式会社岩城ハウスウエア

ディレクター

株式会社岩城ハウスウエア 商品開発グループ 平山 恵子

デザイナー

株式会社岩城ハウスウエア 商品開発グループ 平山 恵子

詳細情報

http://www.igc.co.jp

発売
2008年12月10日
価格

630 ~ 1,470円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

ガラスのテーブルウェアは繊細で熱衝撃、物理衝撃にも弱く、日頃使うには気を使うものです。もっと扱いやすく、使い勝手の良いガラスの器を目指しました。

デザイナーのコメント

日頃料理する事が多く、自社製品であるパイレックスで普段使えるようなテーブルウェアがあったら良いなと考えていました。パイレックスは熱衝撃に強く、大変扱いやすいものです。器にすることにより、ガラス特有の扱いの難しさを解消でき、盛りつける料理を選ばないテーブルウェアになりました。使われる方によって様々な表情となる器に仕上がったと思います。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

料理をされる方

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

キッチン用品として便利な耐熱ガラス・パイレックスをテーブルウェアにしたことにより、食器洗浄乾燥機で洗う事が可能になり、清潔にご使用頂けます。また、残り物の温め直しもガラスの器のままでき、別の器に盛りつける必要がありません。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

耐熱ガラスは理化学の実験にも使われているように、金属・プラスチック等に比べ溶出物が少なく、安全性に優れています。鉛等の溶出の恐れのある絵付けなどは控えました。また、熱湯消毒、煮沸消毒もでき、半永久的に劣化せず、衛生的に安心してお使い頂ける物にしました。

その問題点に対し、どのように対応したか

食器素材の安全性(食に対する安全の問題)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

量販店、専門店
http://www.igc.co.jp

審査委員の評価

プレス成型による耐熱ガラスの器であるが、一つ一つの器の完成度も高いうえに、スタッキングしたときの姿が非常に美しい。非常に精度の高い重ね合わせの技術を感じることができる。

担当審査委員| 澄川 伸一   安積 朋子   原 研哉   廣田 尚子   山本 秀夫  

ページトップへ