GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
洗顔石鹸 [ルアン-ルアン ハーバルフレッシュソープ [ホワイト]]
事業主体名
株式会社ボックスグループ
領域/分類
生活領域 - 商品パッケージ
受賞企業
株式会社ボックスグループ (埼玉県)
受賞番号
09B02008
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

極上の生クリームで手作りしたフレッシュバターのような新しい”生”という質感の洗顔石けん。また、タイで1200年の歴史ある伝統ハーブ療法に用いるタイハーブをふんだんに活用。エイジングケアを必要と感じ始めた年代層に向け、潤いやハリを与える18種類のタイハーブエキス、汚れの吸着を助けるタイ特産のホワイトクレイを配合した。防腐剤等一切不使用のナチュラルコスメ。洗顔石けんとして初の陶器入りは、タイの素朴さと日本の美を融合したもの。ナチュラルコンセプトを強くメッセージする為に、石けん容器には陶器、木製品(蓋、スパチュラ)を採用し、パッケージは基本コンセプトであるタイハーブをあしらったデザインを採用。

プロデューサー

株式会社ボックスグループ SPA事業グループ

ディレクター

株式会社ボックスグループ SPA事業グループ

デザイナー

ワイ・プラス・シーデザイン 阿武優吉+プロペラデザイン

詳細情報

http://cosme.ruamruam.jp/

発売予定
2009年8月2日
価格

3,995円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

ナチュラル製品として天然素材の陶器と木製品(蓋、スパチュラ)を採用。タイの素朴さと日本の美を融合し高級感を打ち出した。生石けんという柔らかい質感と衛生面を考えてスパチュラを採用し、使用後も常に格納できるデザインとした。水場で使われることを想定し、木製品は耐水性、抗菌力の高いチーク材を採用。日常使用で扱いやすいよう蓋はかぶせ式としたが、開封前の品質保持は水分、香りの蒸発を防ぐためにブリスターを採用。

デザイナーのコメント

陶器:女性が毎日使う自然派石鹸、そして毎日洗面台に置かれるもの。この2点を特に重視し、新しい機能を設けることで使い手に優しく、インテリアとして洗面所を引き立てるようなデザインをすることに集中した。パッケージ:たくさん含まれている天然ハーブをグラフィックで明確に表現した。また箱を開いた状態では、紙のポットに見えるような形状を作り、中の陶器と同じようにパッケージにも再利用を促すような工夫を行った。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

40-50代の熟年層はもちろん、年齢に関わらずスキンケアを重視している女性。年齢による肌の水分量や皮脂分の減少を感じ、常に外から与えていかなくてはならない環境になり始めた熟年層、および、将来の健康な肌に向けて若いうちからスキンケアを重要視している方々を想定。また、ハーブ、ロハス、エコロジーなど美と健康、環境問題に気を遣うナチュラル志向の方々。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

石けんとして汚れを落とすだけでなく、潤いを残した機能的な面、”生”のような新しい質感は、これまでの石けんの概念を超えたものとなった。機能や質感だけでなく、容器に陶器やブリスターを採用した新しさ、開封してから石けんを手に取るまでのプロセスに楽しみとワクワク感を持たすことができた。機能的な石けんと高級でデザイン性のある容器、パッケージによって使用シーンでの優雅さ等、利用者にとっての付加価値を高めた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

容器は、割れなければ半永久的に使用できる陶器製にし、石けん生地の詰替え用を用意することで、容器のリユース、リデュースが可能となった。パッケージも、すぐには捨てるのがもったいないデザインとなっているため、そのまま使用者の好みで小物入れ等使用してもらうことによるリデュースを可能とした。

その問題点に対し、どのように対応したか

洗顔石鹸は日常使いのため大抵1ヶ月毎に購入するので、毎回容器ごと買い換えることがもったいなく、ごみも増える一方であった。また、パッケージも一度開封したら捨ててしまっていた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Ruam Ruam コスメ オンラインショッピング、リラクゼーションサロン ルアン-ルアン
http://shop.ruamruam.jp, http://cosme.ruamruam.jp,http://www.ruam2.com

審査委員の評価

この審査については、商品の特徴であるペースト状の石けんをどの様な作法で使用するか、あるいは保管するかという機能面を、形状と構成によって実現している。石鹸はドーナツ形状、付属品のスパチュラはドーナツ状の中央に差して収納、さらに付属品のスパチュラは蓋を開けるための摘みになっているという基本設計がユニークである。また、素材には陶器と木を使用することによって、茶の道具を思わせる佇まいに仕上がっている。それはやや食品に近い印象を与え、生石鹸というシズル感を演出し、その結果商品の特性を的確にメッセージ化しているとして評価した。

担当審査委員| 澄川 伸一   安積 朋子   原 研哉   廣田 尚子   山本 秀夫  

ページトップへ