GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
デジタルビデオカメラ  [Panasonic SDR-S10]
部門/分類
商品デザイン部門 - カメラ、デジタルカメラ
受賞企業
松下電器産業株式会社 (大阪府)
受賞番号
07A03068
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

●MPEG2高画質記録SDカードムービー●光学10倍ズーム&ピュアカラーエンジン●生活防水仕様●耐1.2m落下対応のタフネス仕様●2.7インチワイドLCD●大容量4GB、SD-HCカード対応●1.7秒クイックスタート、等

デザインのポイント
1.生活防水&タフネス仕様でありながらも、スマートでシンプルなフォルム
2.スリムボディによる高い携帯性と、RECボタン&ZOOMボタンを主体としたデジカメ感覚の簡単操作を実現
3.サブRECボタン搭載により、ハイアングルからローアングルまで対応する幅広い撮影スタイルを提案
プロデューサー

松下電器産業株式会社 パナソニックAVCネットワークス社 ネットワーク事業グループ ムービービジネスユニット 中谷 明弘

ディレクター

松下電器産業株式会社 パナソニックデザイン社 AVCネットワークデザイン分野 AVCNモバイルグループ 時岡英互

デザイナー

松下電器産業株式会社 パナソニックデザイン社 AVCネットワークデザイン分野 AVCNモバイルグループ 渡邊 誠一

詳細情報

http://panasonic.co.jp/pavc/global/videocamera/std1/oceania/sdr-s10/index.html

開始日
2007年4月
価格

オープンプライス

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

生活防水&タフネス設計のアクティブな仕様を備えながらも、あえて外観は「スマート」にまとめ上げるよう意識した。いつでも何処でも誰にでも、気軽に撮影できる「スタイリッシュ&タフムービー」の創出を目指した。

デザインのポイント
1.生活防水&タフネス仕様でありながらも、スマートでシンプルなフォルム
2.スリムボディによる高い携帯性と、RECボタン&ZOOMボタンを主体としたデジカメ感覚の簡単操作を実現
3.サブRECボタン搭載により、ハイアングルからローアングルまで対応する幅広い撮影スタイルを提案
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ユーザーにとって親しみ深いムービーリテラシーの撮影スタイルに加えて、より楽な姿勢で撮影できるシェイクハンド撮影スタイルを提案。関連部署へのサブRECボタン搭載を要望

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

ロングライフに耐えうるタフネス使用はもとより、デザインについても永く愛着を持って使っていただけるシンプルデザインを実施

デザインが技術・販売等に対して行った提案

防水&タフ設計であってもビスやパッキンを隠す構成にこだわり自らが提案。実現した。

審査委員の評価

シンプルな造形だけに、撮影に適した操作性やグリップ性能を犠牲にしているのかと思い、幾つかの持ち方で録画状態のポジションを作ってみたら、いいポジションに操作系があって非常に検討されている形跡が見当たった。スタイリッシュ&タフムービーのコンセプトのタフ性能としての1,2メートル落下対応や生活防水などは、レジャーシーンの行為を良く観察しえた企画として高く評価できる。また、いままでのムービーカメラのような凹凸が少ないためにモバイル性能も改善されている。

担当審査委員| 村田 智明   國澤 好衛   芝 操枝   武田 徹  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ