GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
歯ブラシ [ピュオーラハブラシ コンパクトヘッド/ 超コンパクトヘッド/ ぴったりスリムヘッド]
部門/分類
商品デザイン部門 - 健康管理・美容商品
受賞企業
花王株式会社 (東京都)
受賞番号
07A01033
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

優しく磨いても歯のすき間や表面の歯垢・汚れをスッキリ落として、清浄で健康な口内環境に整える新オーラルケアハブラシ。立体ウェーブカットされた、しなやかでコシのある超高密極細毛が、歯と歯ぐきの境目、歯列のカーブや奥歯の奥にフィットして、優しく磨いてもスッキリとした磨き心地を実現。歯並びや口の大きさ、磨き方に合わせて、ヘッドはコンパクト・超コンパクト・ぴったりスリムの3種類を用意。ハンドルは人間工学に基づくウェーブグリップに、口全体が磨き易いカーブダウンネックを採用。外観はインテリア性・店頭効果を考慮した内層着色透明成型とし、清浄感ある爽やかで心地よい全8色で提案。

プロデューサー

花王株式会社 ヒューマンヘルスケア事業ユニット パーソナルヘルス事業グループ

ディレクター

花王株式会社 パッケージ作成部

デザイナー

花王株式会社 パッケージ作成部/パーソナルヘルスケア研究所

詳細情報

http://www.kao.co.jp/pyuora/products/6_haburashi.html

開始日
2007年10月20日
価格

オープンプライス (250)

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

「清浄で健康な口内環境に整える」新ハブラシの達成に向け、優しく磨いてもスッキリとした磨き心地を実感できる植毛部(植毛部の仕様・設計・カット形状は研究所が担当)の開発とハンドルデザイン開発を連動させてきたが、モノの価値判断に厳しい世代に受け入られるよう「外観からも感じ取れる機能」「握った瞬間に実感できる持ち易さ・磨き易さ」「若い世代とも共感できる外観デコレーション」など、高品質なデザインを求めた。

デザインのポイント
1.立体ウェーブカットされた超高密極細毛が、優しく磨いてもスッキリとした磨き心地を実現
2.ウェーブグリップで持ち易く、カーブダウンネックで磨き易い、4面指当てリブで滑り難いハンドルを実現
3.内層着色透明ハンドルで、インテリア性・店頭効果のほか、爽やかで心地よいオーラルケアタイムを実現
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

歯並びや口の大きさ、磨き方に合わせてヘッドはコンパクト・超コンパクト・ぴったりスリムの3種類を用意。またぴったりスリムに限っては、使用者の特徴のひとつにある、ペングリップで1本1本ていねいに時間をかけて磨く実態に合わせてハンドルをやや薄くし、軽量化するとともにサイドリブを追加し、長時間のペングリップでも磨き易いようにしている。若干の形状差はあるが、シリーズとして全体イメージは統一させている。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

立体ウェーブカットされた超高密極細毛は、優しく磨いても歯のすき間や表面の歯垢・汚れをスッキリ落とす機能のほか、通常のフラットに植毛されたハブラシに比べて使用後、毛先の広がりが少なく、製品寿命を延ばしている。また、応力集中しないネック部形状設計で、折れや曲がりの発生を抑制し、製品寿命を延ばしている。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

先行発売のピュオーラハミガキ・洗口液と、ブランドアイデンティティを統一したグラフィックデザインとした上で、競合ハブラシとの差別化を求め、台紙形状やブリスター形状に特徴を与え、初回購入時・リピート購入時にも売り場で探し易い、主張あるデザインで提案した。

審査委員の評価

立体ウェーブカットされた、しなやかでコシのある超高密極細毛の開発によって、様々な歯列や歯茎との境目などをも磨いてくれる機能はいい。また、ハンドルに人間工学に基づいたウェーブクリップになっていて、持ちやすさ、使いやすさへのきめ細かい配慮がデザインで実現されている。“爽やかで心地良い”8色のカラーバリエーションも好感が持てる配色になっている。

担当審査委員| 廣田 尚子   川島 蓉子   サイトウマコト   長濱 雅彦  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ