GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
歯ブラシ [クリアクリーンプラス ホワイトニングハブラシ]
部門/分類
商品デザイン部門 - 健康管理・美容商品
受賞企業
花王株式会社 (東京都)
受賞番号
05A01055
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

歯の美白願望は生活者の約8割と高いが特別な行動に至っていない実態に着目し、普段の歯磨きで歯の表面や隙間・裏側に付着した『黄ばみ(着色汚れ)を効率的に落としてツルツルの白い歯に!』をコンセプトに開発の美白ハブラシ。様々な持ち方やブラッシング法に対応する人間工学的且つ有機的フォルムのハンドルとし、小回りの利くコンパクトヘッドに着色除去効果を高めるダイヤカット毛(菱形断面毛)を効果的にレイアウト。歯の隙間や裏側など汚れが取れ難い部位にも毛先がしっかり届くウェーブカットを採用。インパクトある世界初の内層グラデーション成型を開発し、情緒性、インテリア性を考慮した透明ハブラシを4色で提案。

プロデューサー

花王株式会社 パーソナルケア第2事業本部

ディレクター

花王株式会社 パッケージ作成部

デザイナー

花王株式会社 パッケージ作成部/ヘルスケア第2研究所/加工・プロセス開発研究所

詳細情報

http://www.kao.co.jp/clearclean/products/b_white.html

開始日
2005年9月24日
価格

300円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

歯の美白願望は生活者の約8割と高く、特に10?20代の女性の割合は高い。歯の黄ばみはお茶やコーヒー、紅茶など飲食物による着色汚れや歯垢が原因だが、歯が白くなるとどんな気持ちになれるかの調査で、笑顔に自信が持てる/思いっきり笑える/爽やかな気分、印象になれると約6割の人が回答。本来の白い歯で素敵な笑顔で爽やかな気分になってもらいたく、機能性/新規性/品質感に優れた美白ハブラシ開発を実践した。

デザインのポイント
1.ハンドルは人間工学に基づく寸法設計をベースに有機的フォルムで提案、様々な持ち方やブラッシング法に対応
2.男女を問わず好感される清潔感ある4色の提案で、店頭効果感を向上
3.世界初の内層グラデーション成型開発で、1回の成型で情緒性、インテリア性などデザイン価値を向上
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

商品特長をしっかり伝えて売場で手に取っていただき、家庭でも使う前によく見ていただけるよう、今回ブリスターパックの幅を5ミリ拡大。また能書面を2色で表現し、分かりやすさを求めた。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

通常の不透明ハブラシ樹脂(ポリプロピレン)に比べ、透明樹脂(飽和ポリエステル樹脂)は耐薬品性が劣ることもあり、使用時に応力を受けやすいネックは応力集中しない形状設計で折れや曲がりの発生を抑制し、製品寿命を延ばしている。また着色汚れを掻き取るダイヤカット毛(菱形断面毛)は植毛穴口径を広めた高密度植毛に加え、内側へ1.5度傾斜植毛で毛先の開きも抑えて製品寿命も延ばしている。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

今回採用の混色射出成型機は本来、リサイクル樹脂を芯部に表面層をバージン樹脂で覆い隠し、リサイクル材の活用用途を広げることを主に開発、利用されている。当社研究所は魅力的ハブラシの創造から着色透明樹脂を芯部に、表 面層を無着色とし、多数取り(16本取り)で成型調整が難しい中、インパクトある世界初の内層グラデーション成型を開発(特許出願中)。競合ひしめく売場で来店者の目を引き、手に取ってもらう行為に結びつく、新たなデザイン価値提案を行った。

審査委員の評価

高密度植毛のダイヤカット毛とウェーブカットにより、歯の黄ばみを効率的に除去できる仕様であり、応力集中しないネック部断面設計が、使い心地の良さと製品寿命を延ばすことにつながっている。また、内層グラデーション成形により、美しい表情をつくりだし、商品としての魅力を高めていることも評価できる。

担当審査委員| 國本 桂史   川島 蓉子   サイトウマコト   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ