GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
集合住宅用セキュリティインターホンシステム [ダッシュVHXシステム・VHK-RM, VH-RM, VH-RH(バリエーション)]
部門/分類
商品デザイン部門 - セキュリティ関連商品・設備
受賞企業
アイホン株式会社 (愛知県)
受賞番号
03A11029
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本商品はセキュリティやケアなどの時代のニーズを先取りした先進のマンションセキュリティシステム。 発売前であるが非常に多くの受注を頂き好評である。 基本機能は来客応対、火災・ガス感知センサー等接続による異常時の通報。 特長は 1.便利なハンズフリー通話と、業界初であるオプションで取付可能な、高齢者が使い易い受話器とによるダブル通話方式でユニバーサルデザインとなっている。2.エントランス監視カメラ接続や録画機能内蔵で防犯機能を格段に向上。 3.タッチパネルカラー液晶により、多機能ながら誰もが使い易い操作性。 4.幅180mm、薄さ29.5mmコンパクトサイズに集約。

プロデューサー

アイホン株式会社 技術本部 常務取締役技術本部長 堀田 透

ディレクター

株式会社コムデザイン 代表取締役社長 堀田 俊夫

デザイナー

株式会社コムデザイン

開始日
2003年10月10日
価格

99,000 ~ 221,800円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

多彩な機能を盛込みながらも、液晶デバイスやタッチパネルの採用により、コンパクト化し、ボタン類を少なくすっきりさせている。日常的な使い勝手を基本に考え、画面・スピーカ・通話ボタンは中央に配置した。何気なく居住空間に調和し、かつ非常時対応する機器としての存在感を両立させるため、おおらかでシンプルな造形に中に、液晶画面を中心としてアクセントをつけた。

デザインのポイント
1.極めてシンプルな意匠でありながら、セキュリティ機器としての存在感を持ち、かつ自然に住空間に調和。
2.間を生かしたおおらかな造形により、家庭用としての柔かさと安定感を持たせた。
3.商品の性格上、長期に渡って利用されるので、飽きが来ず、何気なく使いやすいことに力点をおいている。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

タッチパネルの採用にあたり、特に画面の階層構造のシンプル化を目指した。 機能を多く詰め込むと階層は深くなりがちで、操作性が悪くなる。本商品は分かりやすい操作性と動作開始までの時間短縮を図る為、階層を極力浅くすることを目指し、画面デザインの工夫によりどのような操作も最大3階層で実行できるようにした。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

・寿命に見合った耐久回数のテストを行なっている。 ・部品の定格に対する低減率を取り決め信頼性を確保している。 ・梱包材に、環境に有害な塩ビ、発泡スチロールを使用していない。 ・機器は接着、溶着をなくし個々の部品が容易に分解できるようにしている。 ・成形品は材料区分ができるよう材質表示をしている。 

審査委員の評価

家庭用機器として安心感のあるスタンダードなデザインである。本体寸法も比較的コンパクトにまとめられており、狭い日本の住宅環境に適合したものとなっているだけでなく、様々な機能をわかりやすくシンプルにまとめており好感の持てる商品といえる。今後は、多様化し高質化する新しい住宅環境にも応えられる商品開発へと発展することを期待したい。

担当審査委員| 田中 一雄   伊藤 恭行   柘植 喜治   平野 湟太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ