GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
積み木 [フリーマジックブロック]
部門/分類
商品デザイン部門 - 知育教育関連商品・設備
受賞企業
株式会社一歩 (奈良県)
受賞番号
03A09104
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

子供達はもちろん、乳幼児や身体障害者の方、お年寄りまで幅広く容易に使って頂けるユニバーサルデザインの積木です。積み上げる従来の積木と違い くっつける為、変化に富んだ組み方が容易に出来ます。マジックテープを使った積木であり、従来のマジックテープは雄雌が別々でくっつける部分が限定されますが、このテープは雄雌一体型で、マジックテープ同士、マジックテープと生地部分を自由にくっつける事が出来ます。又このマジックテープは髪の毛や衣服にはつかない安全な物です。乳幼児や肢体不自由の方にも持てるよう穴あきタイプも用意、角が丸く軽量で柔らかく(スポンジ製)安全な積木です。

プロデューサー

株式会社一歩 代表取締役 山名勉

ディレクター

株式会社一歩 代表取締役 山名勉

開始日
2003年1月1日
価格

30,000 ~ 48,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

従来に無い 新しいユニバーサルデザインの 積木として 安全面 使いやすさ を配慮したデザインを重視しました   

デザインのポイント
1.安全のため積木の角は丸くしています。乳児、障害のある方でも持てるよう穴あきタイプもデザインしました。
2.パステル色を使いやさしい感覚の色彩を使いました。
3.誤飲しなくて持ちやすい適度な大きさにし、抗菌消臭効果のあるスポンジを使用しています。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

どなたにでも容易に使ってもらえるユニバーサルデザイン商品として開発しました。乳児、障害のある方でも使えるよう、適度な大きさで角が丸く軽量、やわらかな素材(スポンジ製)を使いデザインしたものです。新開発のフリーマジックテープ(従来のマジックテープは雄雌が別々でくっつける方法に制限がありますが、これは雄雌一体型)を使用する事で自由にくっつける事が出来、又衣服、髪にはつかない安全なテープを使用しました。この積木は子供の色彩感覚を養い、又マジックテープの外れる時の音により外した事を聴覚で覚えることが出来る知育玩具として、障害のある方やお年寄りにも安全な新しいリハビリ用具として楽しみながら使って頂けます

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

従来のスポンジ製積木は噛んだりちぎったりし、誤飲したりする恐れがありますが、この積木は表面を生地で覆っておりサイド部分もマジックテープで巻く事でちぎれにくく丈夫で かつ、軽くて安全な新しい積木が出来ました。汚れても中性洗剤で水洗い出来ます(陰干しで乾燥)又 廃棄する場合はメーカーに返却して頂く事が可能です。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

「身体的、知的 障害のある子供さんでも使えるよう、積木に穴をあけて指でひっかけて使えればいいのに」と地元のリハビリセンターより意見を頂き、商品セットに穴あきタイプをデザインし作ることで販売先の幅が広がりました。

審査委員の評価

子供からお年寄りまで幅広い年齢層や身体障害者の方々が簡単に楽しく使用できる遊具でユニバーサルデザインを実現している。安全性を考慮したデザインとジョイントにマジックテープを採用したアイデアはユニークで魅力的なデザインである。

担当審査委員| 和田 達也   五十嵐 久枝   大月 ヒロ子   喜多 俊之   森田 昌嗣  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ