GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
多用途びん [超軽量JS900]
部門
商品デザイン部門
受賞企業
東洋ガラス株式会社 (東京都)
受賞番号
01A20499
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

100%ジュースや調味料が入った900ml以上の大容量びんは一般的に、胴径が太く「持ちにくい」商品がほとんどである。こうした商品は、特に女性や子供、高齢者など握力の弱い人には扱いにくい容器だったため、こうした不具合を改善するため「JS900」を開発した。当該びんの特長は、製びん難易度が高いとされる“くびれ”に敢えて挑戦し、ガラスびん業界が定めた「超軽量びん」〔軽量度で最高のレベル〕となった。また、くびれは、人間工学に基づき握りやすい径とし、びんの重心近くに設定したことで容器として安定感が増した。びん口部もジュースと調味料に使用できるような共用びん口を採用することで汎用性の高いびんとなった。

デザイナー

東洋ガラス株式会社 市場開発部 松田 展枝

価格

30 ~ 40円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

JS900は、大容量ジュースびんや調味料びんの「持ちにくさ」にスポットをあてデザインに取り組みました。ラフスケッチの段階からユニバーサルデザインを意識し、誰にでも持ちやすく、高齢社会がさらに進む21世紀の定番になる線を描きました。一目見て持ちやすそうな形状は、消費者との親和性を高めることが期待できると思います。生産者の視点に囚われず、より消費者に距離を縮めた視点でデザインができたと思っています。

ページトップへ