GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|ユニバーサルデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
牛乳びん [50%軽量Z200]
部門
商品デザイン部門
受賞企業
東洋ガラス株式会社 (東京都)
受賞番号
01A20498
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来びんはおよそ30年間、質量(244g)も変えずに使用され続けてきた。従来びんは中味より重い容器で、学乳での運搬関係では特に評判が良くなかった。よって、この重さを半分にしたびんを開発した。50%軽量の結果、業界では最軽量のびんとなり、回収・再使用が可能な流通にはびん外面に樹脂被膜を施すことによりリターナブル使用とし、流通によってはそのままでワンウェイ使用とする、「使い分け」が可能である。このZ200はリターナブルびんの流通で働く「裏方さん」例えば販売店や配達に携わる方には半分軽量はケース単位の重量も約5kg(40本入りの場合)軽くなり、ロードの軽減で福音をもたらすことになると期待している。

デザイナー

東洋ガラス株式会社 市場開発部 安部 仁深

価格

30 ~ 40円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

Z200は、特に牛乳の流通に携わる人々の負担を軽減できるよう、最高度の軽量化ができる無駄のないデザインを意識しました。また、牛乳びんの親しみやすいイメージも大切に残しています。従来びんより50%も軽くなり、コンパクトになった当該びんは、牛乳を飲む人が飲みやすいだけでなく、販売店など裏方で働く人々にも優しいびんになったと思います。当該びんが、新しい牛乳びんの形として定着することを願います。

ページトップへ