受賞後の活動

フォーカス・イシュー

グッドデザイン賞の審査では、様々な社会課題とデザインとの関わりに評価のポイントを置くととともに、応募されたデザインの意義や価値を深く読み解きます。そして、応募対象の審査と同時に「次なる社会に向けた課題や可能性の発見」も同時に行います。このために「デザインがいま向き合うべき重要な領域」を定めたものがフォーカス・イシューです。
グッドデザイン賞の審査では、これらイシューについて議論を深めるための特別チーム(フォーカス・イシュー・ディレクター)を編成し、審査ユニットを横断して応募対象を観察しながら「これからの社会における可能性」や「デザインの役割と意義」について議論を行い、審査後に各イシューにおける「課題や今後の可能性」を「提言」として発表します。

2016年度のフォーカス・イシュー
2015年度のフォーカス・イシュー