2018年度グッドデザイン賞応募ガイド

審査委員長メッセージ

「デザインだからできること」

2018年のグッドデザイン賞を開始します。
デザインは私たちの暮らしを支え、これから先の社会における新たな生活像を導きます。いつどのような時代にあっても、私たち一人ひとりが心豊かに生きられるために、有形・無形を問わずデザインが必要です。
いま、デザインに取り組もうとする人が増えています。これまでに存在していたものごとをより良くしたいと考えてデザインをする人、デザインを通じて世の中の課題に働きかけ、解決を目指したいと考える人、まったく新しいデザインの可能性を拓こうとする人など、さまざまな立場から、デザインに希望の種を見出し、「デザインだからできること」に挑む人たちが増えているのです。
そのようにして生み出されるデザインには、私たち“人“に対する想いや理想があります。そして、デザインであればこそもたらされる多様な豊かさのかたちがあります。
グッドデザイン賞は、そのように人が人を想う中から生み出されるものごとが、どれほど志高く、美しいデザインへと昇華されているかに着目します。日々の暮らしの充実をもたらすデザイン、次のシーンを描き出す確かな力を備えたデザイン、私たちに新しいストーリーを運んでくれるデザインを見出し、グッドデザイン賞のフレームを通じてその価値を伝えることに努めたいと思います。

柴田 文江

2018年度グッドデザイン賞
審査委員長 柴田 文江

齋藤 精一

2018年度グッドデザイン賞
審査副委員長 齋藤 精一

主催者挨拶

日本デザイン振興会は2018年度グッドデザイン賞を開始いたします。
近年、私たちの暮らしを豊かにしていくうえで、「デザインの力」や「デザインによる課題の発見と解決」の有効性と重要性の認識が、幅広い人々にますます鮮明に共有されてきています。グッドデザイン賞も、モノづくりに取り組む方をはじめ、新しいビジネスやサービスの開拓を担う方や、全国各地で地域活動に取り組む方など、様々な立場でデザインに期待を寄せる方々からご応募いただいています。
また、長い歴史と実績を有するグッドデザイン賞への信頼をベースにした海外からの応募も引き続き増加傾向にあり、全応募の四分の一程度を占めるに至っています。
こうしたグッドデザイン賞への期待に応えていくため、2018年度グッドデザイン賞は、新たに柴田文江審査委員長、齋藤精一審査副委員長をお迎えして、さらに充実した審査を行うとともに、受賞価値を一層高めるための取り組みを推進いたします。
社会課題の解決に有効な役割を果たしているデザインをグッドデザイン賞の中から学び取り、その社会的価値を言説化し、共有していく取り組みである「フォーカス・イシュー」は、幅広いデザイン関係者から関心と支持をいただいております。2018年度もこの「フォーカス・イシュー」を一層充実させるとともに、その成果を積極的に発信していくことを考えています。
グッドデザイン賞をプラットホームにした国際連携事業も、さらに広範かつ一層充実したものにし、グッドデザイン賞を世界で最も信頼され、かつ権威あるデザイン賞として成長させるべく、その国際化に注力してまいります。
また、近年関心が高まっているロングライフデザイン賞は、長年にわたり作り手と使い手、社会との対話の中で醸成され、暮らしの礎となり、未来においてもその役割を担い続けてほしいデザインを顕彰しており、ますます多くの人々にその価値を共感いただけるよう運営してまいります。
今秋には、受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION」を東京ミッドタウンで開催するとともに、関西方面で受賞デザインをご覧いただく場として、神戸市での展示開催への協力を予定しています。また、広報拠点「GOOD DESIGN Marunouchi」でのプレゼンテーションなど、さまざまな手法を駆使して、皆様のデザインとそこに込められた思いを積極的に発信してまいります。
グッドデザイン賞は、具体的なデザイン事例を示しながら、多くの人々にこれからの時代に求められるものは何かを提起し、発信していくうえで極めて有効な取り組みです。
皆様からの積極的なご応募を心よりお待ちしております。

2018年3月15日

大井 篤

公益財団法人日本デザイン振興会
理事長 大井 篤