GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
サーキュラーエコノミー [BRING]
事業主体名
日本環境設計株式会社
分類
ビジネスモデル
受賞企業
日本環境設計株式会社 (東京都)
受賞番号
20G191255
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

D2C:再生ポリエステルアパレル製品を、消費者から古着回収し自社工場でケミカルリサイクル、原料・糸・生地・アパレル製品製造販売まで循環する仕組みを自社ブランドで一気通貫で実施。プラットフォーム事業:仕組と原料を他社へ提供しアパレル企業・商社・再生事業者が共存する独自エコシステムを形成。D2Cとプラットフォーム事業を両立

デザインのポイント
1.サステナブルなだけじゃない。ポリエステル100%でもコットン の様な肌触りと高機能を両立する製品作り
2.古着の回収、ケミカルリサイクルによる再生PET・糸・生地・アパレル製造、販売全てを自社ブランドで実施
3.服をリサイクルしたい人と リサイクルしたい企業を繋ぐ仕組み、プラットフォームとしても機能します
プロデューサー

日本環境設計株式会社 プロダクトマーケティング課 課長 中村崇之

ディレクター

日本環境設計株式会社 プロダクトマーケティング課 課長 中村崇之

デザイナー

日本環境設計株式会社 プロダクトマーケティング課 課長 中村崇之 ハチマークデザイナー:株式会社 新村デザイン事務所 庭野広祐

詳細情報

https://bring.org/

発売
2020年4月30日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

世界のファッション産業では、年間9200万トンのごみが生まれていると言われています。 (Global Fashion Agenda 2017)これらの服の多くは埋立や焼却処分されています。こんな背景があっても、お店には新しい服の山が見えます。その服は、あなたが買った後、もしくは買われなくなった後には、いったいどうなるのでしょう。 現在、ポリエステルは繊維生産量の約6割(5200万トン!)を占めるほどの重要な素材になっています。わたしたちは、ポリエステルを減らすことや使うことをやめるのではなく、ポリエステルをサステイナブルな原料に変えてしまうことを選びました。それはBRINGで服を回収し、原料にまでリサイクルし、再び糸・生地・服をつくることです。

経緯とその成果

わたしたちが大事にしているのはいつまでも、なんどでもリサイクルすること。これまではPET(=ポリエステル)ボトルを繊維にリサイクルする方法でしたが、その繊維をリサイクルする方法はほとんど無く、一度しかリサイクルできていませんでした。いつまでも、なんども続けられるケミカルリサイクルによる”BRING technology”をわたしたちは開発しました。わたしたちはショッピングモールで服の回収イベントを実施しています。イベント1回で3トンもの服が集まります。着られる服は海外へ寄付し、着られない服は素材ごとにわけて、それぞれをリサイクルします。コットン素材は細かくちぎって自動車の内装材に。ポリエステルは自社工場で化学分解して、もう一度ポリエステルに生まれ変わらせます。

仕様

【衣類製品】再生ポリエステルアパレル製品製造販売【衣類回収】50を超えるブランドとの協業、全国1500以上の店舗で古着レジ回収/回収ボックスの設置/SC等で回収イベントの実施【自社リサイクル工場】 世界でも稀なケミカルリサイクルによって石油と同等品質の再生ポリエステルへリサイクルし原料製造【プラットフォーム】自社だけではなく、他ブランド・商社・他社再生事業者にも仕組みと再生原料を供給する

どこで購入できるか、
どこで見られるか

BRING 公式オンラインストア
BRING 公式オンラインストア

審査委員の評価

世界のファッション産業における大量の廃棄物が問題となるなか、繊維生産量の約6割を占めるポリエステルのリサイクル100%をめざす、日本発の画期的なビジネスデザインとして評価した。同社のケミカルリサイクルという独自技術を元に、原料・糸・生地・製品製造販売まで循環する仕組みを自社で一気通貫で実施していることだけでなく、その仕組と原料を他社へ提供し、多くのアパレル企業・商社・再生事業者と協働して、古着の回収・生産をしていくプラットフォームを形成した点も、インパクトの広がりという面で高く評価。新たな工場が稼働するということから今後、世界の衣服ロス問題を解決する世界的ビジネスとしての大きな可能性も含め、高く評価された。

担当審査委員| 長田 英知   内田 友紀   近藤 ヒデノリ   Miles Pennington   水野 祐  

ページトップへ