GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドフォーカス賞 [地域社会デザイン]

受賞対象名
駅前広場 [多治見市多治見駅北広場「虎渓用水広場」]
事業主体名
多治見市
分類
ランドスケープ、土木・構造物
受賞企業
有限会社オンサイト計画設計事務所 (東京都)
多治見市 (岐阜県)
玉野総合コンサルタント株式会社 (愛知県)
受賞番号
20G171122
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

JR多治見駅の北口正面に、歴史あるが一時使われなくなっていた毎秒200リットルという豊富な水量の用水を引き込み、新しい広場を創出した。駅前を朝夕の乗り換えだけの場所ではなく、市民の過ごす居場所となるよう計画した。まちの中心である駅前が多治見市を訪れる人々への顔となり、再び市民や訪問者の集う空間となることを期待している。

デザインのポイント
1.今までの駅前に稀有な「水と緑に溢れた」、市民が「居られる場所」を作り出すデザイン
2.使われなくなっていた歴史的な用水を再活用し、記憶の継承と共に市民にとっての新たな価値を創出
3.地域の顔となるここだけの場所の価値を追求し、衰退しつつある駅周辺を再び歩いて楽しいエリアとする事
プロデューサー

多治見市

ディレクター

オンサイト計画設計事務所+玉野総合コンサルタント

デザイナー

オンサイト計画設計事務所 長谷川浩己、丹野麗子、亀山本果、落合洋介+土木:玉野総合コンサルタント 高井賢司+照明:都市環境照明研究所+建築:LKデザインオフィス+構造:RDM+サイン:岩松亮太

長谷川浩己  オンサイト計画設計事務所パートナー、武蔵野美術大学特任教授

詳細情報

https://www.kokei-tajimi.info

利用開始
2016年7月
設置場所

岐阜県多治見市音羽町1-229

受賞対象の詳細

背景

いわゆる地方都市においてはモータリゼーションの進行により郊外型のSCなどに人が吸い寄せられ、結果的に駅前が衰退した。多治見駅も乗降客は朝夕に集中し、しかも駅周辺に留まる人が少ない。これは多くの地方都市主要駅に見られる現象であり、多治見駅固有の問題ではない。しかし、そもそも駅前は最も集まりやすい場所のはずである。今後の少子高齢化やコンパクトシティの動きなどを考えると駅前は最もポテンシャルの高いエリアの一つだろう。地方都市の中心市街地から人の姿が消えたのは、駐車場が少ないからでも歩道が狭いからもでもなく、そこに「居て、歩いて」時間を過ごしたい場所とニーズに応えるコンテンツが姿を消したからだと考えられる。ランドスケープデザインに可能なことは「居られる場所」の復活ではないだろうか。そしてそのために豊富な旧農業用水を得ることによって、駅正面に木陰と水音に満ちた、新しい街の姿を象徴する広場を計画した。

経緯とその成果

広場は多治見盆地で最も低い場所にあり、かつゆるいすり鉢状に凹んでいる。すり鉢形状の主な理由の一つは、用水の流入と流出のレベル差を視覚化し、水音というもう一つのデザイン要素を最大化するためである。広場に入り込むと道路レベルから降りてくることで水の音により包まれる感覚がある。もう一つはどこからでも広場が眺められること。駅を含め全方位から広場へアクセス可能な立地であり、どこからでも広場の全貌を眺めることができる。駅周辺のイメージを変え、広場の中に人を誘い込むにはこの形状が合っていた。  全体を覆っている林は、この地域の周辺山地や低地に自生する種で構成した。土岐川から引き込まれた用水は広場に流入後、3段落水しながら広場を巡り、それらに絡まりながら園路や小さな広場が設けられている。どこにいても水の気配があり、散歩したり一休みしたり、至る所に公共空間で他者と場所を共有する仕組みを組み込んでいる。

仕様

敷地面積:3657㎡ あずまや主体構造:鉄骨造

どこで購入できるか、
どこで見られるか

岐阜県多治見市音羽町1-229 (JR多治見駅北口徒歩0分)
虎渓用水広場

審査委員の評価

地方都市の駅前広場のあり方に新たな光を投げかける広場。特に、以下の3点を高く評価した。1. 空間の閉じ方と開き方のバランスが優れており、多様な居場所が同時存在するため、ひとりでいても心地よく、日常的な居場所となり得る。2. 地域の発展に尽くした農業用水の記憶を残しつつ活かして、憩いの空間を演出する豊富な水量を確保している。3. 交通広場を脇に寄せ、駅前に歩行者空間を展開し、駅から市役所分庁舎や商業施設までをつないでいる。

担当審査委員| 伊藤 香織   五十嵐 太郎   山崎 亮   山梨 知彦  

ページトップへ