GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
クッカーセット [HOME&CAMPクッカー 26/19]
事業主体名
株式会社スノーピーク
分類
レジャー・アウトドア・旅行用品
受賞企業
株式会社スノーピーク (新潟県)
受賞番号
20G040156
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

家とキャンプを繋ぐ、新しいクッカーセット。シリコンがフチに巻かれたガラス蓋を鍋とフライパンで挟むようにして収納することで、タッパーのように中に食材を入れて持ち運ぶことが出来ます。また、その構造によりキャンプではタブーであったガラス蓋を外的要因から守りながら持ち運ぶことが出来ます。家でも外でも活躍するクッカーセットです。

デザインのポイント
1.独自の収納方法により、食材の運搬とガラス蓋の保護を同時に実現したアウトドアクッカーセット。
2.蒸気穴キャップが付属しており、蒸気を出す・出さないをコントロールし、無水調理や蒸らし調理も可能に。
3.優れたハンドル構造により、ハンドルの脱着が可能。簡素で質実剛健な構造は、故障も少なくお手入れも簡単。
プロデューサー

株式会社スノーピーク 代表取締役社長 山井梨沙

ディレクター

株式会社スノーピーク 執行役員 未来開発本部長 吉野真紀夫

デザイナー

株式会社スノーピーク 未来開発本部 Gear開発課 松井大輝

発売予定
2020年8月
価格

31,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

「食材を中に入れて持ち運べるクッカー」を キャンプと家、その垣根を越えたいとずっと思っていました。家にはたくさんの調理道具があるのに、キャンプでも調理道具が必要になる。それは初めてキャンプをされる方にはハードルが高いと感じています。家である程度の食材を調理して、キャンプに行って火にかけるだけ、それが出来たら少ない道具でも気軽にキャンプ調理を始められるのではないか。そう思ったのが最初のキッカケです。 「外での調理がもっと楽しくなるような仕掛けを」 そこから発想したのがガラス蓋です。アウトドアクッカーではガラス蓋は破損の危険性が高く長年タブーとされてきました。しかし、外での調理で食材に火が通る様子が見られたらもっと失敗が少なくなるし、調理が楽しくなるはず。 食材の持ち運び、安全なガラス蓋運搬、その2つの要素を同時に解決し、より楽しく調理が出来るクッカーセットの開発がスタートしました。

経緯とその成果

■「切った食材を中にいれて運ぶ」「ガラス蓋を安全に持ち運ぶ」この2つを同時に解決するために、形状や収納方法を工夫しました。 鍋にガラス蓋をかぶせ、その上にフライパンをひっくり返すようにかぶせる。そしてベルトでぐっと固定することにより、内部の水や食材を漏らさずに、そしてガラス蓋も外的要因から守りながら運搬することが可能になりました。 ■優れたハンドル構造により、シンプルに、そして直感的にハンドルの着脱が可能となり、運搬や収納の際にハンドルが邪魔になりません。 ■素材や工法もこだわり、アルミ鍋の得意な富山県高岡市にて、アルミ鋳造にて製造することで火の伝達の早い鍋・フライパンに。 ■見た目の質感もこだわり、鋳肌のようなざらっとした表面に。ハンドルを外せばそのまま食卓へサーブできる鍋・フライパンに仕上げました。

仕様

●材質:本体/アルミニウム合金(フッ素樹脂加工・セラミック焼付塗装)、 本体底部/鉄・アルミニウム溶射、蓋/強化ガラス・シリコーン、 つまみ・ブラケット・ハンドル/ステンレス ●サイズ:ナベ/内寸φ260×85(h)mm・満水容量4.2L、 フライパン/内寸φ260×55(h)mm・満水容量2.7L ●重量:3.4kg(ケース含む)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

新潟県三条市中野原456 SnowPeak Headquarters
株式会社スノーピーク 新商品紹介ページ

審査委員の評価

近年、市場の拡大と共にキャンプを楽しみたいというニーズは年々増している一方で、初心者にとって、鍋やフライパンなど、既に家にあるものをアウトドア用に別途購入するのは金額的にも、収納的にも躊躇するもの。この製品は、そういった多くのキャンパーが抱える潜在的なニーズを汲み取りつつ、最大限にキャンプを楽しむための細かな配慮と機能に満ち溢れた優秀なプロダクトである。家と外を繋ぐ汎用性はもちろん、メーカーの高い知見や経験値が反映されたデザイン、工業製品としてのプロダクションレベルの高さなど、あらゆる点で審査員の高い評価を集めた。

担当審査委員| 渡辺 弘明   色部 義昭   清水 久和   ムラカミ カイエ  

ページトップへ