GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
オーダーメイドインソール [HOCOH(ホコウ)]
事業主体名
株式会社ジャパンヘルスケア
分類
ヘルスケア用品
受賞企業
株式会社ジャパンヘルスケア (東京都)
受賞番号
20G020065
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

HOCOH(ホコウ)は、足の写真を送るだけで自宅に届く、3Dプリンタ製オーダーメイドインソールです。足腰の痛みや疲れの原因となる足のゆがみを矯正します。足の写真から医療者が解析し、3Dプリンタで作られたインソールが自宅に届きます。人生100年を自分の足で歩き続ける、履くだけで自然と身体が整う新しいスタンダードです。

デザインのポイント
1.靴の中に入れるだけで、足腰の痛みの原因である「ゆがみ」を整えられる点
2.足の写真を送るだけで3Dプリンタ製オーダーメイドインソールが自宅に届く注文・製造プロセス
3.112名の実証実験で足の疲れ75%、足の痛み80%、腰痛50%、肩こり40%が軽減したプロダクト設計
プロデューサー

株式会社ジャパンヘルスケア 代表取締役医師 岡部大地

ディレクター

株式会社ジャパンヘルスケア 山川喜正

デザイナー

株式会社ジャパンヘルスケア 山川喜正、中山直哉、川住研二、田畑大地

(左から)山川喜正、川住研二、中山直哉、田畑大地

詳細情報

https://hocoh-insole.com

発売
2020年4月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

背景

男性50%・女性75%が「足のトラブル」を抱え、世界の5人に1人が「足腰の痛み」などの筋骨格系疾患を抱えています。筋骨格系疾患は介護原因の1/3と健康寿命を最も短くし、高齢者の4人に1人が十分に歩けていない現状を招いています。足トラブルの原因は「足のゆがみ」であり、ゆがみを放置すると連鎖してひざや腰も痛くなります。徐々に骨が変形し、痛みはじめたときには遅いことが多々あります。足のゆがみを整えるには、骨格を矯正できる硬いインソールが必要です。歯の矯正と同様にオーダーメイドが基本ですが、3ヶ月待ちの足専門病院もあり、3回の通院や5万円の製作費がかかります。そこで従来の製造プロセスをすべて見直し、迅速かつ安価に、誰でも簡単に医療レベルの高いオーダーメイドインソールを購入できるようにしました。

経緯とその成果

多くの人に予防医療を届けるため、誰でもどこからでも簡単に注文できるようにサービス全体をデザインしました。ユーザーはLINEで足の写真を送るだけです。写真から足データが抽出され、医療者による調整点を入力するだけで、足の専門医、理学療法士、義肢装具士らの専門ノウハウが凝縮された設計調整が行われます。3Dプリンタにより遠隔での柔軟なオーダーメイドが可能であり、必要な箇所にのみ必要な厚みを持たせ、低コストながらも高い強度と矯正力を発揮できるようデザインしました。表面には多年生植物由来の調湿性・抗菌性に優れた和紙生地を、3Dプリントされる芯材には植物由来の樹脂を採用し、人にも環境にも優しい素材を選び抜きました。製造の最終工程では職人の手で一つ一つ丁寧に仕上げられます。注文後はLINEに医療者が診断した足の特徴やアドバイスが届き、そのまま足の悩みを相談することも可能です。

仕様

■寸法 :長さ200mm〜310mm 幅80mm〜100mm 高さ20mm〜30mm ■重量:300g〜500g ■材質 :和紙 ポリエチレンフォーム ポリアミド11(3Dプリント材)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

HOCOHインソール公式サイト、または加盟整骨院にてご購入いただけます。
HOCOH INSOLE
JAPAN HEALTHCARE

審査委員の評価

最も日常的で軽視されがちな歩行という行為に着目し、歯の噛み合わせのようにきちんと骨格から合わせることで、日々の体調やその後の健康促進につなげるというサービス。日本のものづくりの技術とデジタルサービスの融合も素晴らしいが、何よりも「矯正」なのに心地よく、履くだけで自然と体を整えることができるという機能美を高く評価する。優しい素材を使うなど環境にも配慮があり、全方位的に高いユーザー体験がデザインされている。

担当審査委員| 石川 俊祐   石川 善樹   ナカジマ ミカ   濱田 芳治  

ページトップへ