GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
オーダーエントリーシステム [Airレジ ハンディ]
事業主体名
株式会社リクルートライフスタイル
分類
業務用システム・サービス
受賞企業
株式会社リクルートライフスタイル (東京都)
受賞番号
19G161263
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Airレジ ハンディは、飲食店の注文・調理・配膳業務を支援する、ホールとキッチンのスタッフを対象としたモバイルアプリケーションです。ヒトと紙に依存していた業務を、ITを活用して効率良く行えるよう業務フローをリデザインしました。その結果、スタッフはお客様のおもてなしなど付加価値をあげる業務に時間を使えるようになりました。

デザインのポイント
1.飲食業界の人材流動性の高さに起因する新人教育コストの肥大化問題を誰にでも使えるUIで解決しています。
2.ベテランスタッフに頼っていたクレーム対策を、キッチンモニターを使うことで誰でもできるようになります。
3.スモールビジネスを支えるため、スマートデバイスを活用し、従来のシステムと比べ低コストで導入できます。
プロデューサー

株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 植田雄大

ディレクター

株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 熊澤兼一、関口聡

デザイナー

株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 高橋朋子、浦田修伍

左から、関口聡、熊澤兼一、植田雄大、浦田修伍、高橋朋子

詳細情報

https://airregi.jp/handy/

発売
2018年4月1日
価格

12,000円 (Airレジ ハンディ5台までの価格が12,000円(税抜)。6台目以降は1台1,500円(税抜)で追加できます。導入時に、必要に応じてiPod touchやアクセスポイントなど機器の購入があります。)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

背景

労働人口は減少傾向にあり、労働集約型の産業では人手不足が問題となっています。特に飲食業界では人材流動性が高く、約過半数のスタッフが勤続1年以下の新人あることから、サービスの質を担保できないという課題が存在します。また、多くの飲食店において、伝票受け渡しや書き間違いなどの紙伝票に起因する業務のムダが発生しており、これによりお客様の待ち時間が増えたり、注文ミスが発生したりすることがクレームにつながっています。しかし、これらの課題を解決するシステムやオペレーションを自前で構築することは高価かつ負担が大きく、個人経営など小規模な飲食店にとって非現実的であるのが現状です。Airレジ ハンディは小規模飲食法人の課題に対し、紙中心の業務を安価で導入しやすいモバイルアプリケーション中心の業務に置き換え、誰でもカンタンに使えるようにデザインをすることで、解決を目指しております。

経緯とその成果

飲食店のお客様の不満を仕組みで防ぎ、スタッフがおもてなしに注力できる世界をつくることを目指しています。飲食店に何度も足を運んでリサーチやユーザテストを行った結果、ホールスタッフは「お客様の顔を見ながら業務をしたい」「お客様を待たせてはいけない」「ミスをしてはいけない」と感じていることがわかりました。そこで、画面を注視しなくても操作でき、ミスをしたとしてもすぐに自力で修正できるように、UIをデザインしました。また、直感的に使えるUIにより「新人スタッフがトレーニングなしで初日からホールに立てるようになった」との声を頂いています。さらに、今までベテランスタッフの感覚によって料理の提供遅れが防止されていましたが、提供時間を色で可視化することによって、新人スタッフも提供遅れに気づけるようになりました。これらのユーザに寄り添ったデザインにより、スタッフはおもてなしに注力できるようになりました。

仕様

Airレジ ハンディは、飲食店向けのアプリケーションサービスです。ターゲットユーザは飲食店で働く店長あるいはマネージャー、ホールスタッフ、キッチンスタッフです。動作端末はiPod touchおよびiPhone、iPadで、ご利用にはインターネット環境が必要です。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Airレジ ハンディのWebサイトから申し込みできます。
Airレジ ハンディのWebサイト

審査委員の評価

2014年にグッドデザイン賞を受賞した「Airレジ」では、POSレジのみの機能提供であったが、「Airレジ ハンディ」では注文・調理・配膳業務を支援するモバイルアプリケーションを提供することで、飲食のフロント業務からバックエンド業務までをend-to-endで支援するサービスへと進化している。ハンディターミナルをipod touchとすることで、小規模な飲食店でも安価に導入でき、作り込まれたUIにより新しく入ったスタッフも直感的に操作することが可能となっている。

担当審査委員| 林 千晶   井上 裕太   長田 英知   水野 祐  

ページトップへ