GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
フォント [ノイエ・ フルティガー・ ワールド]
事業主体名
Monotype Imaging Inc.
分類
フォント
受賞企業
Monotype Imaging Inc. (United States of America)
受賞番号
19G151207
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Neue Frutiger Worldは多言語での使用を想定して開発され、150以上もの言語・文字体系に対応しています。ウェイトは10ウェイトと、それぞれにイタリックも用意されています。温かみがありながらも、機能性・可読性に優れ、世界中で一貫したブランドイメージ、そして「声」を伝えることができます。

デザインのポイント
1.150以上の多言語に対応
2.機能性・可読性に優れている点
3.ニュートラルな字形
デザイナー

アドリアン・フルティガー、モノタイプ・スタジオ

Adrian Frutiger(アドリアン・フルティガー)/小林章

詳細情報

https://www.myfonts.com/fonts/linotype/neue-frutiger/

発売
2018年10月
価格

149 ~ 499ドル

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

グローバル化が進む現代で企業が多言語展開をする際に欧文書体にマッチするアラビア文字、ヘブライ文字、タイ文字、ベトナム文字の書体ファミリーを見つけることは容易ではない。 世界中で一貫したイメージを伝えることは企業にとっても、また受け手である消費者にとっても重要である。欧文サンセリフ書体の中でも特に可読性が高く、世界各国の主要な空港、駅、高速道路のサイン表示などで用いられているNeue Frutiger。それをベースに、Neue Frutigerの制作に携わってきたディレクター小林章が多言語に対応するための本プロジェクトを率いた。また、対応言語の幅広さだけでなく、印刷物、デジタル環境など多様なニーズにも効果を発揮できるよう開発した。

経緯とその成果

Neue Frutigerの持つ機能性・可読性の高さを引継ぎながらも、それぞれの言語が単体でも自然な見え方になるよう各言語のスペシャリストである書体デザイナーが担当し、人になじむ字形となるよう開発が進められた。その結果、どの言語を組み合わせても統一したニュートラルなイメージで「情報を正しく伝える」という書体の持つ本来の役割を果たすことができうる書体となった。

仕様

OpenType OTF/TTF 10ウェイト グリフ数1819

どこで購入できるか、
どこで見られるか

MyFonts, Fonts.com, Linotype
MyFonts(公式ウェブショップ)
Neue Frutiger World(ウェブコンテンツ)

審査委員の評価

世界150以上の言語に対応した書体の統一。しかも、可読性に優れている文字。このフォントは、生活のあらゆる景色を変えて行く力があると思う。ノイエ・ フルティガー・ ワールド の登場は、私たちデザイナーにとってとても喜ばしい出来事だ。

担当審査委員| 水口 克夫   河瀬 大作   佐々木 康晴   三澤 遥  

ページトップへ