GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
ボトル缶 [ニューボトル缶]
事業主体名
大和製罐株式会社
分類
その他医療・生産プロダクト
受賞企業
大和製罐株式会社 (東京都)
受賞番号
18L000013
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来の金属容器の優位性に、リシール機能・ファッション性を付加した飲料向けのボトル型金属容器です。①リシール性がある為、小分けにして飲むことが可能となります。又、手軽に持ち運ぶ事が出来ます。②キャップ、缶胴、缶底全てアルミですので、リサイクル性に優れています。③金属缶の製缶工程での熱エネルギーと水使用量を削減でき、環境を配慮した仕様となっています。④PETボトルに比べ、酸素透過性・遮光性に優れている為、長期間の保存が可能です。

発売
2000年3月
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

スーパーマーケット、コンビニエンスストア、自動販売機等

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

金属容器の良さ+リシール性+ファッション性

背景

様々な飲料が登場してくる中で、包装容器に求められる機能も、従来の内容物の保存性、安全性だけではなく、携帯性、リサイクル性、ファッション性等多様化してきました。これらの機能を高い次元で備える容器として開発したのが「ニューボトル缶」です。金属容器が持つ優れた内容物保存性、安全性、リサイクル性はそのままに、リシール機能の追加、ファッション性を追求した斬新なデザインの容器であれば、これまでと違った新しい飲み方をお客様に提案することができるという考えから、開発に至りました。

仕様

容量:290ml、300ml、400ml、500ml

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大和製罐ホームページ

審査委員の評価

アルミボトル缶の素晴らしさは、質感の美しさとその高いリサイクル性にあると思う。ボトルはキャップを含めてオールアルミ製であり分別の必要がない。一度開封してもリキャップできることで持ち運びが便利であり、飲料の飲み方を進化させたプロダクトだと言える。またアルミは光を通さないので中身の賞味期限が長く保てるという意味でも環境に優しい容器である。

担当審査委員| 齋藤 精一   齋藤 峰明   柴田 文江   福光 松太郎  

ページトップへ