GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
webマーケティングプラットフォーム [ferret One フェレットワン]
事業主体名
株式会社ベーシック
分類
業務用システム・サービス
受賞企業
株式会社ベーシック (東京都)
受賞番号
18G151185
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

一般的なWebマーケティングでは沢山のツールを使うため、ツールのデータ移行のような重要でない作業に時間を使っています。 ferret Oneでは、企業のWeb担当者が本来のやるべき業務であるサイトの分析・改善に時間を使い、集中できるようなデザインをしております。 具体的には、Webマーケティングで使う沢山のツールを1つに集約することで、施策スピードアップ、外注コスト・調整コスト・作業時間を削減します。 これにより、サイト構築費を1/4に、外注費を月50万円削減、施策のスピードアップによる顧客獲得単価削減という成果が出ているクライアントがいらっしゃいます。

プロデューサー

株式会社ベーシック 代表取締役 秋山勝

ディレクター

株式会社ベーシック ferret One部 鈴木脩平

デザイナー

株式会社ベーシック CDO 岡村邦博

Kunihiro Okamura

詳細情報

https://ferret-one.com/

利用開始
2016年8月1日
価格

50,000円〜 (■初期費用100,000円 ■月額利用料50,000円 ■コンタクト数・PV(月間)・ドメイン設定数・メール配信・ログインユーザー数・SEO順位計測ワード数によるオプションあり)

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

Webマーケティングをこれ1つで

背景

日本経済は、長期的な少子高齢化による労働力不足が顕在化している。 別の問題として、日本の携帯普及率は、2017年の総務省の発表によると168.4%と発表されている。 これより、デジタルコミュニケーションがより広がっていくと考えられ、企業はWebマーケティングの対応が急務な状況となっている。しかし、中小企業は、Webマーケティングになかなか人員を割けていない現状がある。 上記より、企業は少ない人数でWebマーケティングをできる環境を求めていると考えられる。 ferret Oneでは、企業が求めている少ない人数でWebマーケティングができるという要望を解決するために、Webマーケティングに必要な機能を1つに集約、誰でも使えるUIデザインを実現するためのサービスのデザインを行っております。

デザイナーの想い

ferret OneはWeb制作からWebマーケティングをワンストップで行う為に100以上の機能が備わっています。 ただ機能が並んでいるのではなく、まずユーザーが成果を挙げる為のシナリオに基づきユーザー体験が設計されています。 ユーザーの向かうゴール、ユーザーのWebリテラシー、求めている機能など様々なターゲットに対して網羅的に使いやすいインターフェイスを設計する必要がありました。 誰もが世界一簡単だといえる指標を作成し、GOODパターンBADパターンに分け、サービスとしてのインターフェイスガイドラインを定義し、全ての機能・ページ、言葉の見直しを行いました。 ユーザーが本来向かうべきゴールに対して、迷わず最短距離を提供できるようマーケター独自の目線でのインターフェイスを取り入れ、より成果の加速するサービスとしてアップデート続けていきます。

仕様

■概要 サイト制作からアクセス解析・顧客管理まで、担当者1人でWebマーケティングが完結できる環境を提供。 外注やコミュニケーションのコストを削減し、生産性向上を実現する。 ■ターゲット 自社でWebマーケティングがやりたい企業、Webマーケティングの為に多くのツールを使い、業務が煩雑となっている企業。 ■動作環境 SaaSのサービスの為、インターネットに接続できるパソコンがあれば、利用可能。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

インターネットブラウザ上にてご利用・ご購入が可能。(https://ferret-one.com/)
ferret One公式Webサイト

審査委員の評価

データ分析は、つなぎこみや事前のデータの洗浄作業など本質的でない雑務工程が非常に多い。そのような業務を隠蔽し、複数のツールを使わずに済むようにしてくれることは、生産性を大きく向上させる可能性がある。統合的なダッシュボードサービスとしては、定番サービスはまだ定まっていない。本サービスがその一角に食い込めることを期待したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   佐々木 千穂   田中 仁   深津 貴之   水野 祐  

ページトップへ