GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウェブサイト [どこかにマイル]
事業主体名
日本航空株式会社
分類
一般・公共用アプリケーション・ソフトウェア
受賞企業
日本航空株式会社 (東京都)
株式会社野村総合研究所 (東京都)
受賞番号
18G141155
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

通常必要となるマイルの半分以下の往復6,000マイルで日本国内の“どこか”に行 けるJALの画期的な特典航空券サービスです。 Webサイトから発着地(羽田また は伊丹・関西)を選択し、希望する旅程の情報を入力すると、JALグループの直 行便が運航する日本全国の64路線から、空席がある4つの行き先候補 が表示され、申込みから3日以内に行き先を決定しお知らせします。旅行者に とっては、思いがけない地域への旅行体験が想起され、日本の新しい魅力を再発 見できます。単に飛行機の空席を埋めるだけでなく、地域の活性化や、国内旅行 需要の喚起など、多様な価値を創出したイノベーションとして好評を得ています。

プロデューサー

日本航空株式会社 西田真吾+株式会社野村総合研究所 中西雅洋

ディレクター

日本航空株式会社 馬場宗吾、春口美希+株式会社野村総合研究所 新井朗

デザイナー

株式会社JALブランドコミュニケーション 勝又美保、迫田仁美+株式会社野村総合研究所 新井朗、中村博之、守岡太郎

詳細情報

http://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/

発売
2016年12月12日
価格

6,000マイル

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

旅先の決定にセレンディピティの要素を取り入れることで「思いがけない場所の魅力」に出会える旅行のご提案

背景

スマホやSNSの普及により、いつでもどこでも、旅行者の体験情報を入手できるようになり、旅行の計画が便利にできる時代になりました。 一方で、膨大な情報による疲弊や、計画段階での過剰な追体験による「旅先での新しい発見」という魅力が失われるという弊害も出てきました。 このような背景を踏まえ、あえて旅先を自分では決められないというセレンディピティの要素を盛り込むことで「思いがけない土地への旅行」という魅力を新たに加えました。

デザイナーの想い

旅行の価値を、移動手段や目的地だけではなく、計画段階、目的地の決定プロセス、同行者にもあると再定義し、以下の3点にこだわって設計しました。 ①思いがけない旅先のご提案。行き先候補を4つご提案します。候補地の名所旧跡、温泉、グルメなどをご案内することで、馴染みのない地域でも関心を持って頂けるように工夫しています。一瞬で惹き込まれる絶景本のようなコンテンツを目指し、写真や文章のクオリティにもこだわっています。 ②旅先決定までの楽しい待ち時間。行き先のお知らせまでに最大3日間いただきます。それぞれの旅先に想いを巡らせ、どこが当たるか想像して、心踊らせる時間を設けています。 ③親しい友人と過ごすひととき。ご友人とのご旅行にもお使いいただけます。通常の特典航空券は二親等以内のご利用に限られておりますので、ご友人同士がそれぞれのマイルでご利用いただけるよう同行者の登録機能をご用意いたしました。

仕様

①申し込み画面にアクセスし、日付、人数、時間帯を選択。②4つの行き先候補が表示されます。行き先候補は4つの空港で1組となっており、再検索すると行き先候補が変わります。行き先候補がOKであれば旅行者情報を入力のうえ、お申し込み。③お申し込みから3日以内に行き先決定のお知らせが届きます。候補として選択した4つの空港から1つの空港が行き先として選ばれます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

どこかにマイル申込Webサイト http://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/
プレスリリース
どこかにマイルの離島版である「どこかにマイル 南の島~那覇・鹿児島発~」の公式サイト
どこかにマイルのSNS上での反応

審査委員の評価

航空会社にとっても顧客にとってもWin-Winの関係を構築している点を評価した。航空会社は、空席の活用をはかれ、しかも旅慣れた顧客サービスへの新たなサービスを提供できる。一方、顧客にとっては、通常のマイル交換レートよりもお得なサービスが受けられ、行き先を指定しない旅というサプライズ含みの体験を味わえる。またデスティネーションとなる地域にとっては、閑散期の旅行者誘致にもつながり、単なる航空券特典サービスでない広がりがある点も評価した。

担当審査委員| ドミニク・チェン   Andrew Pang   閑歳 孝子   長田 英知   藤崎 圭一郎   Andrew Pang  

ページトップへ