GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
国際空港のガチャ売り場デザイン [JAPANESE CAPSULE TOY GACHA]
事業主体名
株式会社タカラトミーアーツ
分類
一般・公共用コンテンツ
受賞企業
株式会社タカラトミーアーツ (東京都)
株式会社電通テック (東京都)
株式会社フラクタル (東京都)
株式会社ペニイ (東京都)
受賞番号
18G131137
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本で人気の小銭で買えるカプセルトイ「GACHA」を外国人に訴求するために実施した、売り場のコミュニケーションデザイン。 空港で出国を控えた外国人旅行客の「両替できない小銭」に着目し、 小銭の代わりにオモチャ(GACHA)を持ち帰ってもらう仕組みを考えた。 専用の什器に 最大9か国語で表記された「あまった小銭をオモチャに!」というフレーズは国内外で話題となり、 TV、新聞、WEBなど多くのメディアに露出。累計販売額は2億円以上。(2018年4月時点) ひと空港わずか数百万円の初期投資で、1台あたり最大10倍の販促効果を永続的に生み続けるサイクルを構築した。

プロデューサー

株式会社タカラトミーアーツ 森川修、加藤哲朗、市川睦、依田知子+株式会社電通テック 田中健介、磯和道嗣、平根なつこ+株式会社フラクタル 高島直樹、成島淳二、岩曽且法+株式会社ペニイ 黒瀬輝

ディレクター

株式会社電通テック 飯田雅実、森岡祐二

デザイナー

株式会社電通テック 徳井伸哉、川原田俊、小阪紗季

飯田雅実/森岡祐二/徳井伸哉/小阪紗季/川原田俊

施策開始
2016年11月
販売地域

日本国内向け

設置場所

成田国際空港、関西国際空港など全国約15か所以上の国際線空港ほか

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

出国前、あまった小銭をオモチャに!

背景

出国前、「両替できない小銭の使い道に困る」という世界的課題の発見・着目が本企画の原点である。日本から海外に消えていく小銭は年間推定250億円以上。こうした背景に対し、「小銭で楽しめる」というGACHAの特性を生かすことで、効率的な売り場のコミュニケーションデザインができるのではないかと考えた。

デザイナーの想い

ガチャを知らない外国人に対して広告を打つ予算も無かったため、売り場のコミュニケーションデザインで勝負するしかないと思っていました。とはいえ空港に設置した専用ガチャ什器に、たった1つのキーメッセージ「あまった小銭をオモチャに!」を添えるだけで、ここまでの成果・反響が得られたことには驚きを隠せません。また、「両替できない小銭」という世界的な課題を、GACHAというエンターテイメントで解決し、販売促進に結びつけたこと。これは「すべての人をハッピーにする」という観点で、デザイナーとしては非常にうれしい成果だと思っています。今後は日本だけでなく世界中の空港にJAPANESE CAPSULE TOY GACHAを展開し、もっともっと笑顔をお届けできればと考えています。

仕様

出国前、空港で「両替できない小銭の使い道」に困る外国人旅行客に対し、小銭で買える日本のカプセルトイ「GACHA」を訴求。小銭のかわりにオモチャをお土産に持ち帰ってもらう仕組みをデザインした。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

成田国際空港、関西国際空港など全国約15か所以上の国際線空港ほか

審査委員の評価

余った小銭に着目するという独創性と、ユーザー心理とニーズを適切に把握する分析力、そして新規性の高いアイデアを実際に継続的なビジネスにつなげている点が評価された。売り場の構成やグラフィックデザインも美しく明快で、小銭を持ち帰るのであれば、ユニークなおもちゃを購入してみようという気持ちを後押ししている。低予算の取り組みの中で、売り場でのコミュニケーションに注力することが話題となり、結果として多くのメディアで取り上げられる現象を生み出している点も素晴らしい。

担当審査委員| 鹿野 護   河瀬 大作   平林 奈緒美   水口 克夫   水口 哲也   Chi mei Chang  

ページトップへ