GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ウェブサイト [近畿大学公式ウェブサイト]
事業主体名
近畿大学
分類
ブランディング・CI/VI
受賞企業
学校法人近畿大学 (大阪府)
株式会社エイド・ディーシーシー (大阪府)
受賞番号
18G131108
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

近畿大学WEBサイトの全面リニューアルプロジェクト。 ユーザーの求める情報へのアクセシビリティを高めることと、近畿大学ブランドの視覚化を目的に、10万ページを超える旧WEBサイトの情報の整理、独自のサイト内検索、情報発信の強化、業務効率化、さらにカラーシステム、エレメント、タイポグラフィなどのブランドを象徴するデザイン要素の統一を行った。デザインスキームを策定したことで現在は制作から管理までそれぞれの学部で実施している。 リニューアルによってユーザーとのコミュニケーションが高まり、近畿大学ブランド力を向上させることに成功。過去最高の志願者数となり、5年連続の1位となった。(4/1現在)

プロデューサー

株式会社エイド・ディーシーシー 富永 ユキヒロ、スガオタカヒコ

ディレクター

株式会社エイド・ディーシーシー 中野 勢吾、尾松 諭

デザイナー

株式会社エイド・ディーシーシー 田渕 将吾+オニギリ 西村 沙羊子

詳細情報

https://www.kindai.ac.jp/

利用開始
2017年10月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

情報を潔く堂々と、魅せるデザイン。

背景

受験生、在学生、保護者、教職員、研究者など、多様なユーザーを要する大学のWEBサイトがどうあるべきか。これは14学部48学科、志願者数19万人以上、学生・生徒等在籍者数が53,000人以上(附属学校を含む)を擁する近畿大学のみならず、多くの大学が直面している課題だった。近年では発信する情報は増加傾向にあることから旧WEBサイトは10万ページを超え、その中からユーザーが求める情報を適切に提供することは困難になっていた。 また、近畿大学は、他大学に先駆けたインターネット出願や学部新設、キャンパスリニューアル、斬新な教育施設アカデミックシアター、近大マグロなど、革新的な取組みを次々と発信し続けている一方で、旧WEBサイトのプリミティブなデザインイメージによって、本来あるべき革新的なイメージと乖離していたことを課題として捉えていた。

デザイナーの想い

革新的な取り組み、広大な敷地面積、生徒数の多さ、ニュースの多さ。多くの情報をもつ近畿大学のVIを策定することには大変苦戦しました。 しかし膨大な情報をスマートに整理することは逆に当大学らしさを否定することにもなると考え、「情報を潔く堂々と見せる」ことをコンセプトに掲げました。 UIデザインではニュース性が強調されるよう書体やジャンプ率にこだわり、イメージ映像では広大なキャンバスや多種多様な学部・生徒数の多さを強調しました。さらに、情報とのタッチポイントを強化するために独自アルゴリズムの検索システムを設置しました。 公式サイトで定めたVIのデザインスキームに沿って、合計10万ページ以上にのぼる他の学部サイトも順次リニューアルを推進しています。 このリニューアルによって、近畿大学の情報がより多くの人に届いてほしいと思います。そして今後も志願者数一位を維持し続ける助力になれることを願っています。

仕様

PC:Internet Explorer 11.0以降、Google Chrome /Mozilla Firefoxは、常時最新版。 SP:Android 6.0 以降、IOS 10.0以降推奨。 ※ Android 5.0 以前は機種によってスライドショー採用

どこで購入できるか、
どこで見られるか

近畿大学 公式WEBサイト
近畿大学 公式WEBサイト
近畿大学 文芸学部・大学院 総合文化研究科
近畿大学 生物理工学部・大学院 生物理工学研究科近畿大学

審査委員の評価

教育機関のWEBサイトは、扱う情報の領域が広く、関係する部署も多くなるため、平均的なデザインに落ち着く傾向がある。しかしこのWEBサイトは大学の情報発信とは思えないほど、ダイナミックな表現が多用されており、強いインパクトを出すことに成功している。特に映像の使い方が印象的で、分野の広がりや多様性が横断的に俯瞰できる点が良い。日々更新されるコンテンツも情報の受け手が意識されており、記事のタイトルから写真選びまで、興味関心を惹きつけるものとなっている点も素晴らしい。

担当審査委員| 鹿野 護   河瀬 大作   平林 奈緒美   水口 克夫   水口 哲也   Chi mei Chang  

ページトップへ