GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
和菓子 [東京こはく]
事業主体名
一心堂本舗株式会社
分類
その他生活雑貨・日用品
受賞企業
一心堂本舗株式会社 (東京都)
受賞番号
18G131073
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

『東京こはく』は、日本の伝統的な和菓子「琥珀糖」と、7つの図形で構成される日本生まれのシルエットパズル「清少納言知恵の板」を融合させたお菓子です。異なる分野の日本文化を掛け合わせることで、新たな価値を見出し、今までにない和菓子に仕上げました。見て楽しい、食べて美味しい。日本の伝統的な和菓子と遊びに、新しい気づきを提案し伝承していきます。琥珀糖は、昔ながらの製法によって手作りで作られています。またパッケージとリーフレットは、和の伝統模様をキービジュアルに明るいトーンに仕上げ、主に若者世代や海外の方に訴求をしながら商品の楽しさが伝わるデザインを施しました。

プロデューサー

一心堂本舗株式会社 商品企画部 杉本日菜花

ディレクター

一心堂本舗株式会社 商品企画部 杉本日菜花

デザイナー

一心堂本舗株式会社 商品企画部 杉本日菜花

詳細情報

http://www.isshin-do.co.jp/tokyo_kohaku.html

発売
2017年5月12日
価格

750円

販売地域

日本国内向け

設置場所

一心堂本舗 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

日本のお菓子と日本の遊びの融合

背景

「琥珀糖」は古くからある日本の伝統的な和菓子のひとつですが、多くの人はその存在を知らず、初めて口にした時の"シャリッぷるん"の食感に驚きます。一方で、シルエットパズルにおいては中国が発祥とされる「タングラム」が一般的に知られており、日本発祥の「清少納言知恵の板」の存在は広く知られていません。 そのような、現代ではあまり知られていない日本の文化たちがこれからも確実に伝承されていくことを願い、商品の開発をしました。

デザイナーの想い

「琥珀糖」と「清少納言知恵の板」が融合することで、"昔ながらのお菓子や遊び"の持つやや古くさいイメージを払拭し、そこから生まれる新しい発見や楽しさに焦点が当たる商品を目指しました。琥珀糖のピースを"食べてしまう"ことで、残りのパズルピースから発想される独自のシルエットモチーフにも、新たなコミュニケーションが生まれることを期待しています。 また、商品そのものがピースの組み合わせによって様々な形に変化することから、コラボレーションの可能性も多様です。これまでには、ピースを組み替えて東京スカイツリーの形を模した「東京スカイツリー限定品」、フランスの名所をピースで表現をできることを記載した「ルーヴル美術館展限定品」の商品化も実現しています。このように拡散した先々で、さらに多くの分野の人に日本文化への理解と興味が広がることを願います。

仕様

琥珀糖(菓子) パッケージサイズ:H25×W100×D100/ 内容量:7個/材料:砂糖、水、寒天等

どこで購入できるか、
どこで見られるか

一心堂本舗 東京スカイツリータウン・ソラマチ店等
一心堂本舗 東京スカイツリータウン・ソラマチ店 公式ホームページ

審査委員の評価

琥珀糖という日本の伝統的なお菓子を、単なる包材の加飾ではなく、商品そのもののあり方で魅力的に見えるデザインをしている。アイデアをデザインに落とし込む際の頃合いも良い。パーツを組み合わせた時に出来上がる形も富士山や鶴などきちんと考えられており、決して主張の強いデザインではないが、大変魅力的に仕上げていると思う。

担当審査委員| 鹿野 護   河瀬 大作   平林 奈緒美   水口 克夫   水口 哲也   Chi mei Chang  

ページトップへ