GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ホテル [星野リゾート OMO5東京大塚]
事業主体名
山口不動産株式会社+株式会社星野リゾート
分類
商業のための建築・空間・サインシステム
受賞企業
株式会社星野リゾート (長野県)
株式会社佐々木達郎建築設計事務所 (東京都)
株式会社竹中工務店 (東京都)
受賞番号
18G070580
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

このホテルは、JR山手線大塚駅前に計画された、星野リゾートが新ブランド「OMO」として運営するツーリストのための都市観光ホテルである。20㎡程度の小さな客室が125室と、カフェ・バー機能を持ったラウンジスペースを設けています。このホテルの最大の魅力は、施設内に多くのサービス機能をもたず、街と繋がる様々な仕組みにより、低価格で街のディープな魅力を体験できる宿泊を提供することです。 昔からある飲食店、神社や都電、並木道等、街が本来的に持っている特徴とホテルのサービスやハードが連携し、滞在の魅力として活かすことで、都市観光という新しい旅のあり方を提供することが可能となります。

プロデューサー

株式会社星野リゾート

ディレクター

株式会社佐々木達郎建築設計事務所 佐々木達郎+株式会社竹中工務店 鈴木重則

デザイナー

株式会社佐々木達郎建築設計事務所 佐々木達郎+株式会社竹中工務店 鈴木重則、入江翔太

詳細情報

https://omo-hotels.com/otsuka/

利用開始
2018年5月
価格

7,000 ~ 14,000円 (2名1室利用時の1名あたりの料金(食事なし))

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

東京都豊島区北大塚2丁目26−番地 1号

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

現代の日本的な滞在空間を「旅籠/はたご」から発想し、ヒノキ材の木軸空間により表現しています。

背景

日本各地の都市にはそれぞれ違った文化があり、観光する人の心をくすぐる魅力にあふれています。その一方で、都市にあるホテルの多くは、ビジネスシーンでの利用者だけに目を向けている気がします。そこで私たちは「観光目的の方々に目線を合わせたら、都市ホテルはどう変わることができるのだろう」と考えはじめました。そして生まれたのが、「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」です。 ホテルを中心とした街全体を「1 つのリゾート」として観光を楽しんでもらう新たな都市観光型ホテルとなるために、サービス面、ハード面共に様々な工夫をしています。街の人々やゲストが集い、賑わうパブリックスペース、小さな客室の中には、客室は寝るだけではない、新たな寛ぎや滞在の魅力として、多機能で立体的な家具を計画しています。 また、街と連携する「Go-KINJO」と呼ばれる新たなサービスが体験可能となります。

デザイナーの想い

このOMO5東京大塚の存在により、昔からある街の特徴や新たな魅力が発掘され、街とホテルが一体化しながら良い関係で発展していくことを期待しています。また、ヒノキ材でつくられた木軸による旅の籠が、様々な利用者の旅や街を楽しむためのきっかけとなり、都市観光という旅のかたちがツーリストや街の住人達にとって身近になり、新しい旅のスタイルとしてあるいは、街の住人達にとってもホテルが身近な存在となり、新たなライフスタイルとして定着していくことを期待している。

仕様

敷地面積:888.58㎡/建築面積:596.04㎡/延べ床面積(ホテル部門):4579.94㎡/ 建蔽率:67.08%(許容100%)/容積率:641.12%(許容641.90%)/構造:鉄骨造/階数(ホテル部門):1階,4−13階/客室数:125室

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都豊島区北大塚2丁目26−番地 1号
星野リゾート OMO5 東京大塚

審査委員の評価

ビジネスホテルと競合する都市部において、あえて観光に焦点を当てた宿泊特化型ホテルというオリジナリティ、立地や事業上の制約から面積や階高も制限のある中で、「やぐら」(ロフト)を用いた工夫やハイサイドの開口部、水回りの配置など丁寧な空間デザイン、ヒノキのプレカット角材を用いたフレームによる、客室での機能支援と全体への統一感の醸成など、ハードでの工夫に加えて、やや入りにくいがディープな地域の名所名店との接点をつくるガイド役(OMOレンジャー)やマップを用いて、部屋にこもらずに地域を使いたおす仕組みが、新たな都市観光・モビリティの形態を創出している点が素晴らしい。

担当審査委員| 菅原 義治   佐藤 弘喜   野原 卓   森口 将之   Hrridaysh Deshpande  

ページトップへ