GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
内容物を確認できるタグ、アプリ付き収納箱 [カートン]
事業主体名
株式会社プレーン
分類
その他生活雑貨・日用品
受賞企業
株式会社プレーン (東京都)
受賞番号
18G030209
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

CA-TON(カートン)は厚さわずか0.7ミリ、フタを開けることなく中身を確認出来るタグとアプリを付属した樹脂製収納箱です。 フラットな状態から簡単に組み立てられ、この薄さでも独自の構造により充分な強度が確保されています。段ボールなど紙製に比べ湿気に強く、経年による耐久性にも優れています。 サイズも4種類、異なるサイズの箱も美しく積むことを重視したサイズ構成になっています。何よりもプロポーションの良いシンプルなデザインで、これまでの隠す収納から見せる収納箱として、整った気持ち良い空間を演出します。

プロデューサー

株式会社プレーン 渡辺弘明

ディレクター

株式会社プレーン 渡辺弘明

デザイナー

株式会社プレーン 渡辺弘明、山本真彦+First Four Notes合同会社 由谷哲夫+そのデザイン株式会社 新井浩司

詳細情報

https://www.ca-ton.com

発売予定
2018年7月1日
価格

900 ~ 1,800円 ([単品] 5S:900円、5M:1200円、4S:1400円、4L:1800円 / [3個セット]5S:2500円、5M:3400円、4S:4000円、4L:5200円)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

フタを開けることなくタグとアプリによって中身を確認出来る、軽くて丈夫、シンプルな樹脂製収納ボックス。

背景

段ボールの箱は手軽であるが耐水・耐久性に問題があり、廃棄される量は莫大で環境負荷の高いものです。片や樹脂成形品は、金型製作・成型工程に多大なエネルギーを使用し強度確保の為材料使用量も多く、同じく環境負荷の高い物です。 弊社はリサイクル率100%の樹脂製(ポリプロピレン)の板材を抜き型による簡素な方法で製造、0.7ミリの薄さによる強度不足というデメリットは独自のフック構造により克服しました。 さらに使用時は内容物の検索が面倒。幾つかの箱を開けて確認するのはストレスで、箱に表記したり写真を貼るなどの行為は露出に耐え難くストレージなどに仕舞われることになります。そこで、フタを閉じたまま中身を見られたら、という発想のもと、タグとアプリを開発しました。タグに文字やイラストを書きスマホをかざせば、予め登録した中身の画像をまるで透けているかのように見ることが出来ます。収納物管理も容易な画期的な製品です。

デザイナーの想い

軽く肉薄、耐久性・収納力の高い収納箱として選択した素材は厚さ0.7ミリのポリプロピレン板。ただ、箱として十分な強度を成立させるには難易度の高い素材です。角の繋ぎ部分の凹凸によるはめ込みは摩擦係数が小さい為、紙製の物のような構造では外れ易く、強度的に問題があります。然るに外れにくい特殊な形状を考案、重量物を入れても破損・破壊することない構造を実現しました。また、それらの箇所は表面に露出することなく、内容物にも支障をきたしません。結果、テープや接着剤を使うことなく組み立てられるため、折りたたみも容易で繰り返し使用も可能です。 さらに、フタを閉じたままスマホで中身が見えるアプリは、短時間でストレスなく使えるよう試作・検証を繰り返し、中身を登録・確認する操作はストレスなく行えます。 家庭やオフィスで露出してもノイズにならないシンプルな収納箱であり、タグとアプリによる新たな使い方を提案しています。

仕様

[寸法/重量] (4サイズ)  5S:W240xD160xH128(mm)/22g 、5M:W240xD160xH192(mm)/24g 、4S:W320xD240xH128(mm)/32g 、4L:W320xD240xH256(mm)/44g  [材質] ポリプロピレン  [CA-TON APP] iOS11(iPhone5以降)での動作をサポート/Android5.1以降での動作をサポート

どこで購入できるか、
どこで見られるか

https://ca-ton.com
CA-TON website

審査委員の評価

箱に収納した荷物を探す際、ラベル等で内容を記載しても詳細な情報が足りず、結果としては、都度、蓋を開いて内容をいちいち確認する状況に陥り易いが、この製品はタグとアプリを付属することで蓋を開けることなく内容物を確認できる利便性はまず評価できる。樹脂製の箱は厚みも薄く繊細で、水にも強い。組み立ても容易でテープ等を使うことなども無く、スタッキングする際の構造、また、綺麗に収まるサイズ展開も良く考えられている。その上で極めてシンプルなデザインを実現しながら、強度も同時に確保されており、完成度の高い製品と言えよう。

担当審査委員| 手槌 りか   芦沢 啓治   松本 博子   山田 遊   Huiming Tong  

ページトップへ