GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
セラピーロボット [Qoobo]
事業主体名
ユカイ工学株式会社
分類
その他趣味・健康用品
受賞企業
ユカイ工学株式会社 (東京都)
株式会社博報堂 (東京都)
受賞番号
18G020114
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Qoobo(クーボ)は、しっぽのついたクッション型セラピーロボットです。そっと撫でるとふわふわと、たくさん撫でるとぶんぶんと、そしてときどき気まぐれに、しっぽを振って応えてくれます。動物アレルギーやペット禁止の住環境、仕事が忙しくて面倒が見れないなど、「ペットを飼いたくても飼えない」という人にも、動物と触れ合う喜びや癒やしを感じてもらえないかと開発しました。言葉のいらないコミュニケーションツールとしての「しっぽ」に着目して生まれたこのロボットは、見る人の想像力によって擬似的な心のやりとりを生み出し、動物と一緒にいるような癒しの効果をもたらします。

プロデューサー

ユカイ工学株式会社 青木俊介、鷺坂 隆志

ディレクター

ユカイ工学株式会社 巽 孝介+株式会社博報堂 小野直紀

デザイナー

ユカイ工学株式会社 巽 孝介、高岡尚加+株式会社博報堂 小野直紀、小暮菜月、横井優樹

ユカイ工学 デザイナー / 高岡尚加

詳細情報

http://qoobo.info

発売予定
2018年10月
価格

12,000円 (税抜き)

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

心を癒やす、しっぽクッション。

背景

動物アレルギーやペット禁止の住宅環境など、様々な事情でペットを飼えない人がいるなかで、そうした人たちにも動物の持つ癒しを届けたいと考え開発をスタート。また、市場には数万円から数十万円する高額な介護ロボットやペットロボットが多い中、機能を「撫でると反応するしっぽ」に絞り、2つのアクチュエーターと加速度センサーなど、できる限りシンプルな機構とすることで1万円超という販売価格を実現。世の中の多くの人に、癒やしと笑顔を届けていくことを目指している。

デザイナーの想い

故郷を離れ一人暮らしをするなかで、動物が身近にいないという事への寂しさが年々募って来ていました。「疲れて家に帰った時に出迎えて欲しい。」「ふわふわの動物と一緒に眠りたい。」という願いを叶えること。そして、自分自身が操作の難しいものを上手に扱いきれないこともあり、「誰でも簡単に使えて楽しめるもの」であることもQooboを考えるうえで大切なポイントでした。住居環境の問題や動物アレルギーがあるなど、何らかの理由で動物と暮らすことができない方々に癒しをお届けするのはもちろんのこと、将来的には高齢者施設などへ、ロボットセラピーとしての導入も検討しています。Qooboは生活を格段に便利にしてくれるロボットではないかもしれませんが、毎日の生活に少しでも笑顔が増えたり、優しい気持ちになれたりするならこれ以上嬉しいことはありません。

仕様

寸法 : 約52cm x 32cm x 15cm 重量 : 約1kg 電源 : 内蔵充電式電池(ニッケル水素電池) 連続稼働時間 : 一回の満充電で8時間以上 素材 : フェイクファー, ABS 等

どこで購入できるか、
どこで見られるか

2018年10月 全国の雑貨店、セレクトショップで販売開始予定。
Qoobo公式ウェブサイト

審査委員の評価

2つのアクチュエーターと加速度センサーという機構にあえて絞り込み、音声も表情ももたない抽象的な形状でありながらも、尻尾の動きのみで豊かな感情を持ち備えた動物の存在を感じさせる。他のペットロボットとは異なる独自性に審査員の高い評価が集まった。動物とのふれあいを実感できるプロダクトであり、使用者の想像力を刺激する。ロボットセラピーの可能性にも期待が高まる。

担当審査委員| 鈴木 啓太   川上 典李子   根津 孝太   吉泉 聡   Patrakit Komolkiti  

ページトップへ