GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ファスナー [QuickFree®(クイックフリー)]
事業主体名
YKK株式会社
分類
その他小物類
受賞企業
YKK株式会社 (東京都)
受賞番号
18G010060
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ファスナーの開製品の操作は意外と複雑で、子供やお年寄りにとっては難しい場合があります。Quick Freeは操作性を向上させる事により、子供が一人できるという小さな達成感につながるデザインです。具体的にはスライダーの上面と底面の形状を変えることで、ピン(蝶棒)を挿入する位置が見えやすくなり(挿入口面積が従来品の3.18倍広い)、ピンを受ける面積が広くなったので挿し間違えを減らす事が出来ました。またスライダーは通常金属製ですが、樹脂を使用し材料の弾性を活かす事で、左右に荷重が加わるとスライダーが外れる解放機能を備えています。

プロデューサー

YKK株式会社 ファスナー事業部 商品開発部長 米島 久嗣

ディレクター

YKK株式会社 ファスナー事業部 商品開発部 草山 昌洋

デザイナー

YKK株式会社 ファスナー事業部 商品開発部 小島 昌芳、佐藤 秀樹

詳細情報

https://www.ykkfastening.com/products/search/detail.html?pdid1=QuickFree(TM)

発売
2017年4月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

人に優しい 簡単着脱ファスナー

背景

デザイナーの父(当時68歳)が、普段はかけない老眼鏡をファスナー操作の為だけにかけていました。聞けば「(ピンの挿入口が)小さくて見えない」との事。その他の高齢者にも聞いた結果、同様に操作を煩わしく思っていることが分かり、高齢化する社会に対し操作性向上が重要である事に気がつきました。 また、子供の通う幼稚園でフード付き衣服が遊具等に引っかかる危険があるという事で、着用が禁止されていました。(子供服の安全基準であるJIS L4129が2016年12月に定まり、子供服に安全性に対する関心が高まってきてはいるが、フードに対する規制は設けられていない)しかし雨、雪の送り迎えの際など、ちょっとした距離を移動する時に子供服のフードはやはり便利で、フード付きであっても安全に着用できる衣服をファスナーが実現できないかと考えました。 これらの経験から安心で安全なファスナーが必要と感じ、開発に至りました。

デザイナーの想い

今までのファスナー操作の動作を変えることなく、操作性を向上させたので、子供もお年寄りも誰でも特別な説明がなくても簡単に操作する事ができ、衣服として従来品とQuick Freeが混在して使用する事があってもユーザが混乱する事がありません。子供の自立促進、高齢世代にアクティブな活動のきっかけとなり自己実現につながることを期待しています。 お客様に安心で安全なファスナーを提供することは、私たちの責務です。これからも、使う人のことを想い、人にやさしい商品の開発に努めていきます。

仕様

ファスナーのスライダー部品を改良する事で、ファスナーの開製品の操作がしやすくなりました。操作性の向上によって子供や高齢者が一人で衣服を着脱する事を助けます。また、左右に一定の力が加わるとスライダーが外れてファスナーが開く解放機能を備えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

YKK株式会社

審査委員の評価

これまでの形状から大きく変える事なく、衣服の引っかかり事故などを減らす「解放機能」の実現や、誰にでも経験がある最初の合わせづらさを改善した点が高く評価された。ファスナーのように私たちの生活に深く根付くものの進化(改善)がもたらす恩恵は非常に大きく、今後、衣服はもちろん、特徴を生かした新しい商品の可能性にも期待したい。

担当審査委員| 原田 祐馬   安東 陽子   濱田 芳治   宮沢 哲   Jung-Ya Hsieh  

ページトップへ