GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
座椅子 [座イス S-5046]
事業主体名
株式会社天童木工
分類
住宅設備
受賞企業
株式会社天童木工 (山形県)
受賞番号
17L000023
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

1963年に藤森健次氏によりデザインされました。 低コストであることに加え、機能性とデザインの美しさから多くの旅館や一般家庭で愛用されてきました。日本を代表する椅子として、フィラデルフィア美術館のパーマネントコレクションにも選定されています。

デザイナー

藤森健次

デザイナー:藤森健次氏

詳細情報

http://www.tendo-mokko.co.jp/products/s-5046ky-nt

発売
1963年1月
価格

21,000円 (発売当時の販売価格4,500円)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

不要な要素は何もなく、機能とフォルムを極めた座椅子の原型。

背景

デザイナーである藤森健次氏が 1963年に盛岡グランドホテルのインテリア設計を担当した際に発表されました。 藤森氏は北欧で家具デザインを学んだことから、その機能的かつ美しい家具づくりに大きな影響を受けており、北欧家具の手法が日本の伝統的な住空間と合わさることによって生まれた斬新で画期的な座椅子と言えます。 シンプルなデザインであるがゆえ、どのようなしつらえの和室にもすっきりとした印象を与えるこの座イスは、今日まで多くの支持をいただき、今では畳間の定番家具となっています。

デザイナーの想い

デザイナーである藤森健次氏が 1963年に盛岡グランドホテルのインテリア設計を担当した際に発表されました。 藤森氏は北欧で家具デザインを学んだことから、その機能的かつ美しい家具づくりに大きな影響を受けており、北欧家具の手法が日本の伝統的な住空間と合わさることによって生まれた斬新で画期的な座椅子と言えます。 シンプルなデザインであるがゆえ、どのようなしつらえの和室にもすっきりとした印象を与えるこの座イスは、今日まで多くの支持をいただき、今では畳間の定番家具となっています。

仕様

発売当初- 材料:ケヤキ・ローズウッド 寸法:W330 D560 H400 現在- 材料:ケヤキ・メープル 寸法:W330 D490 H400

どこで購入できるか、
どこで見られるか

各天童木工取り扱い家具販売店およびオンラインショップ・ 天童木工本社、東京、大阪ショールームほか

審査委員の評価

1963年に藤森健次氏によりデザインされた代表的な座椅子で、フィラデルフィア美術館のパーマネントコレクションである。曲木の技術によってすっきりとしたフォルムが生まれ、今や畳間の定番家具となっている。軽量でスタッキングも出来、真ん中の穴は軽量化と座布団が座椅子とずれないようにするための工夫である。業務用から家庭用にまで広く使われている。

担当審査委員| 柴田 文江   齋藤 峰明   永井 一史   福光 松太郎  

ページトップへ