GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
神社から広がる地域再生 [安産子育ての宮「山名八幡宮」地域の再生]
事業主体名
山名八幡宮
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
山名八幡宮 (群馬県)
受賞番号
17G161357
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

840年以上の歴史を持つ山名八幡宮では、次の100年に向けてリニューアルを行うとともに、「安産子育ての宮」として、「安産子育て」と「地域」の社会問題を解決する取組みを行なっています。子育ての孤立化・悩みを緩和するための親子カフェ。食育を促す天然酵母のパン屋。日本文化と英会話を両軸とするグローバル教育スクール。発達障害児を支援し、その子に合った成長を促す放課後等デイサービス。アトピーなど子供のスキンケアコンセプトショップ。自由にみんなでつくる公園。地元農家の経営を安定させ、母親の雇用を創出する6次産業の工房。これらすべての施設を境内に併設、神社からの地域再生を目指しています。

プロデューサー

山名八幡宮 神職 高井俊一郎

ディレクター

株式会社アソボット 取締役 近藤ナオ+株式会社メソッド 代表 山田遊+NPO法人国際比較文化研究所+一般社団法人コトハバ+合同会社みなみやはた+箕輪愃+株式会社ひねもす+日東電化工業株式会社

デザイナー

EDING:POST 代表 加藤智啓+永山祐子建築設計 代表 永山祐子+飯山千里建築設計事務所 代表 飯山千里+みやび建築 代表 市村雅人+山口和也

詳細情報

http://yamana8.net

利用開始
2016年10月15日
販売地域

日本国内向け

設置場所

・山名八幡宮 群馬県高崎市山名町1510-1

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

神社がまちづくりの視点で考える、家族と地域コミュニティの開発。

背景

現在、地方神社の多くは崇敬者が減少し、運営危機に直面しています。また、地方都市の人口減少は深刻な課題です。安産子育ての神社が、家族や地域の社会問題を解決する場として再生することで、神社と地域社会の接点を広げる真の心の拠り所となり、そこから広がる地域活性化を考えました。「祈りの場」である社殿と授与所のリニューアルでは宮大工の技術を残しています。また、SNSなどの現代ツールを使って伝統をシェアできる環境構築を重視しました。授与品制作では業界の慣例であるOEMから脱却し、約20種類のオリジナルデザインを制作。「公共の場」となる家族コミュニティの開発では、「初産で相談できる人がいない」「安心、安全の食べ物を売って欲しい」「自然と触れ合い自由に遊べる公園が欲しい」「仕事復帰の入口が欲しい」「発達障害児のサポートの場が近くにない」など地域の声に応える施設を運営しています。

デザイナーの想い

神社という歴史あるコミュニティの存続と地方都市の活性化のためには、永続的な構造設計が必要だと考えました。デザインコンサルタントの近藤ナオ氏と描いた全体設計は、神社が「祈りの場」と「公共の場」の役割を担うこと。「祈りの場」のリニューアルでは、建築家の永山祐子氏、ADの加藤智啓氏、バイヤー・クリエイティブディレクターの山田遊氏とともに、ロゴ、建築、授与品をリニューアル。伝統を残しつつも、時代に合わなくなった構造をそぎ落し、神社の本質を次の100年に残すデザインを構築しました。「公共の場」としての親子カフェ、パン屋、スクール、公園、6次産業工房、発達障害児施設では、各施設に地域民リーダーを迎え入れ、それぞれ独立事業となる構造を目指しました。「祈りの場」は日本のトップクリエイターとともに伝統を昇華する神聖な場所を築き、「公共の場」は地元民リーダーととともに、持続可能な組織運営を行っています。

仕様

840年以上続く安産と子育ての神社「山名八幡宮」の神社境内(敷地面積約10,000㎡)に、親子カフェ、天然酵母パン屋、グローバル教育スクール、発育障害児童施設、6次産業化推進工房、子ども用スキンケアショップ、公園を運営し地域の社会問題に取り組む。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

山名八幡宮境内 群馬県高崎市山名町1510-1
山名八幡宮
山名八幡宮境内の親子カフェ ミコカフェ
山名八幡宮境内の天然酵母パン屋 ピッコリーノ

審査委員の評価

安産子育ての宮という役割をしっかり受け止め、新しい時代の業態やプロダクトを生み出している。目に見えるデザインが秀逸なのに加えて、少子化時代に自分たちが果たす役割を的確に認識したプログラム構成が秀逸だといえよう。特に、若い女性が集まる場についての構想力が際立っている。

担当審査委員| 上田 壮一   伊藤 香織   岩佐 十良   並河 進   山崎 亮  

ページトップへ