GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
プログラミング玩具 [プリモトイズ キュベット プレイセット]
事業主体名
プリモトイズ日本販売総代理店 キャンドルウィック株式会社
分類
教材・教育用品
受賞企業
プリモトイズ日本販売総代理店キャンドルウィック株式会社 (東京都)
受賞番号
17G141242
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

キュベットは、デジタル画面を使わずにプログラミング脳を育てる英国生まれの玩具。3歳の子どもでも、カラフルなブロックを使ったコーディング言語を使って、はじめてのコンピュータプログラムを書くことができる。読み書きのスキルを必要としない。デジタル画面を使わないため、子どもの視力に悪影響がない。 また、グループで使え、性別や宗教も関係なく対等に学べるようにデザインされている。動作、触覚、音を組み合わせて遊びながら論理的思考を育むことができる。子どもの自主性を重んじるモンテッソーリ教育に着想を得ており、子どもの創造性、客観的な思考、空間認識能力やコミュニケーションスキルを刺激する。

プロデューサー

フィリッポ・ヤコブ

ディレクター

フィリッポ・ヤコブ

デザイナー

マテオ・ログリオ

プリモトイズファウンダー、フィリッポ・ヤコブ

詳細情報

https://www.primotoys.jp/

発売
2016年11月28日
価格

29,600円

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

シンプルで伝統的な手を使う遊びでありがながら、次世代型知育玩具としての奥深さを持つ。

背景

現代の生活において、コンピュータリテラシーは必須となっている。これからの時代を生きる子どもにとっては、読み書きを習得するのと同じように、コーディングの概念を身につけることが必要。ところが、2013年開発開始当時、多くのプログラミング玩具は、幼児の年齢にそぐわないものばかりであった。また、デジタル画面は、視力・睡眠への影響や、子どもが孤立する側面などの弊害がある。そこで、デジタル画面ではなく手を使う普遍的な遊びで、子どもの年齢に合わせてあくまでも楽しく使用できるおもちゃでありながら、論理的思考、問題解決能力、コミュニケーション能力という「生きる力」を同時に育むことができる玩具の開発を目指した。

デザイナーの想い

プリモトイズは、子どもたちの潜在的なクリエイティブ能力を発達させ、開花させることを使命とする。子どもたちに愛され、保護者や教育関係者の信頼を得る会社として、学びの時間を楽しくすることが信条である。デザイナーで創始者のフィリッポは、息子の誕生を機にキュベット開発のインスピレーションを得た。息子が大きくなる頃には、身の回りのほとんどがコンピュータで制御されるようになる。そんな世の中で、プログラミングという21世紀型の必須スキルを、言葉を覚え始める頃から、その年齢に合った遊びを通して楽しく自然に学ばせたい。そしてその後の彼らの人生において、コンピュータをツールの一つとして操作し、創造する者として十分やっていけるようサポートしたいと考えた。また、デジタル画面を用いず、会話しながら遊ぶ時間を提供することで、親子の絆を深める玩具を作りたいと考えている。

仕様

キュベット(木製ロボット/11x11 x9 cm) x1、コントロールパネル(木製ボード/25 x 25 x 4 cm)x1、ブロック x16、 ワールドマップ (100 x 100 cm)x1、ストーリーブック x1 対象年齢:3歳~小学生低学年程度 使用電源:単三電池x6(キュベット x3、コントロールパネル x3)別売

どこで購入できるか、
どこで見られるか

伊勢丹新宿本店、二子玉川 蔦屋家電
プリモトイズ キュベット公式オンラインショップ
プリモトイズ キュベットアマゾンショップ

審査委員の評価

算数も文字の読み書きを教わっていない3歳の子どもが、手や体を動かして試行錯誤を重ねるうちにプログラミングの基本思想を身につけられる知育玩具。真っ直ぐ進むとか左へターンするとかマットの上を動くロボットの動作に紐づけられたブロックを並べロボットの動きを制御して、子どもたちは記号と動作との関係を自然に覚えていく。コンピュータ画面ににらめっこしてキーボードを叩いてプログラミングを学ぶのではなく、ロボットの筐体も木にすることで手から覚える身体的思考を重視し、積み木遊びのように試行錯誤から創造性を解き放つ学びを目指している点は、ゴールへ至る最適解を求める論理思考偏重のプログラミング教育とは一線を画するものであり、高く評価した。

担当審査委員| 岡本 誠   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   深津 貴之   藤崎 圭一郎  

ページトップへ