GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
自由に水回りをレイアウトできる住宅 [ミライフル]
事業主体名
野村不動産株式会社、株式会社長谷工コーポレーション、株式会社ブリヂストン
分類
その他住宅・住空間
受賞企業
野村不動産株式会社 (東京都)
受賞番号
17G111044
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

理想の間取りを叶えるために生まれた「ミライフル」。従来の発想にとらわれないキッチンレイアウトやLDKの空間を実現し、そこから生まれる空間の可変性はライフスタイルの豊かさを目的とした。サイホン排水システムをキッチン排水に導入し、キッチンを自由に配置できるメリットとして(1)多様なライフスタイルのイメージに合わせ、キッチンを大胆に配置したプラン(2)3LDKのファミリータイプでは、子供が独立後、夫婦二人の豊かなシルバーライフを実現するプランや介護が必要になった時のバリアフリープランなど、ライフスタイル、ライフステージの変化に合わせて間取りを変える「可変性」を提案。

プロデューサー

野村不動産株式会社 住宅事業本部 商品戦略部 川合通裕

ディレクター

野村不動産株式会社 住宅事業本部 商品戦略部 吉田安広/事業推進二部 多和田智希+株式会社長谷工コーポレーション エンジニアリング事業部 若林徹

デザイナー

株式会社長谷工コーポレーション エンジニアリング事業部 久保勝之+株式会社ブリヂストン 化工品開発第1本部 配管開発部 桜田秋能

利用開始
2018年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都武蔵野市他

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

従来の発想にとらわれないキッチンレイアウトやLDKがもたらすライフスタイルの豊かさ実感できる住宅

背景

近年のリノベーション市場や、当社が取り組んでいるオーダーメイドマンションでは、水廻りにおいては特に「キッチンを自由に動かしたい」というニーズが数多く聞かれる。 しかし、現行の勾配型排水では、床下に勾配を取るための十分な寸法が必要となったり、家の中央に配管用の吹抜けの設置が必要となったりし、建築コスト、メンテナンスコストが上昇。さらに階高や建築面積増で容積が消化できず、物件価格の上昇につながり、採用は一部の物件に限られてきた。今回、ブリヂストン、長谷工コーポレーションと共同開発したサイホン排水システムを導入し、これまでオーダーメイドマンションや販売現場においてお客様から頂いてきた声を反映させることで、一般的なマンションと変わらない床下寸法で、多様なニーズに応える住居空間を実現した。

デザイナーの想い

マンションに標準採用する場合、購入時点で「キッチンを動かしたいというニーズを持っていないお客様」や「キッチンが動かせるメリットを漠然としか感じていないお客様」にも、メリットを実感してもらえるものにしなければならない。 まず、「キッチンを動かしたいというニーズを持っていないお客様」に対しては、キッチンを動かすこと以外のメリットを中心に考えた。そこで、排水管を二つの住戸で共用し、清掃、メンテナンス及び更新にかかるコストを抑えたことによるコストの削減。次に「キッチンが動かせるメリットを漠然としか感じていないお客様」に対しては、将来メリットについて十分に理解していただくために、ミライフルというネーミングの元、将来の暮らし方、「常に暮らしのニーズを満たす」、「バリアフリーが必要となる未来での対応」など、将来をイメージしやすいプランに沿った提案を行うなどの工夫を行った。

仕様

「ミライフル」は、サイホン排水システムを採用することで、間取りの自由度を高め、従来の発想にとらわれないキッチンレイアウトやLDKを実現。単純なバリエーションを超えたセレクトプランを提供できる他、リフォーム時には家族構成の変化や介護対応など、ライフスタイルに合わせた間取り変更も可能となり、資産としての住戸の評価向上も期待できる。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

野村不動産株式会社 新宿区西新宿1-26-2

審査委員の評価

水勾配を細部まで処理することにより配水の自由度を作るデザインに昇華している。集合住宅の間取りの自由度を高めていく画期的な提案である。これまで、配水のメイン管に近づけることしか実現していなかったキッチンの位置をリビングの真ん中など自由に移動することができることで設計者のデザインの幅を広げる。暮らし方が人によって変わっていく時代に間取りの自由度が上がることにより、集合住宅の風景が変わることが期待される。

担当審査委員| 篠原 聡子   仲 俊治   西田 司  

ページトップへ