GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
救急カート [サカセ ハーモプラス システム 救急カート]
事業主体名
サカセ化学工業株式会社
分類
医療用の機器・設備
受賞企業
サカセ化学工業株式会社 (福井県)
受賞番号
17G080825
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「救急カート」は、緊急性を要求される患者のもとへ、第1処置に必要な医薬品や機材、医療材料などを直ちに効率よく収納、搬送することで救命処置と医療業務に貢献できる、機能性と利便性に加え、デザイン性を兼ね備えたカートです。深さが3種類ある引出しは、用途に合わせて仕切板やインナートレーで仕切れます。大型の名札は、内容物の名前を書くことで視認性と安全性が高められ、薬液や血液が直接付着しないようフルカバーされ、汚れたカバーは水洗いや清拭ができ、衛生的で安心できます。また、収納する薬品には麻酔薬や劇薬、毒薬などもあり、医療安全の観点から引出しを施錠して、封印具によって医薬品の補充・点検や期限管理ができます。

プロデューサー

サカセ化学工業株式会社 代表取締役社長 酒井 哲夫

ディレクター

サカセ化学工業株式会社 企画開発本部 開発部 橋本 崇

デザイナー

サカセ化学工業株式会社 企画開発本部 開発部 橋本 崇

発売
2017年5月
価格

351,200 ~ 429,800円 (税抜)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

病院、医院、診療所、介護老人保健施設、薬局 など

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

救命救急用カートとして、医療の安全を考慮した機能性と利便性、シンプルさと上質な美しいデザインの融合。

背景

医療施設内において、急に症状が悪化した患者の救命のために、悪化したその場で初期処置が必要な場合があります。たとえば、救命救急室や病室、ICU、手術室をはじめ、透析室、MRI室、CT室、外来診察室、処置室、待合室、通路、トイレなど、あらゆる場所が想定され、そこへ救命救急処置に必要な薬品や機材、医療材料とともに医療に従事される方は急いで駆け付けなければなりません。しかし、「それら多くの種類や数量の医薬品や物品を収納した場合、カートが大型化や重量化したり、狭い場所には入れなかったりして容易には搬送できません。また、一刻を争う場面で、そのカートのどこに何が収納されているか明確にわかりにくく、処置が遅れる」といった状況背景があります。サカセ「救急カート」は、緊急性を要求する患者のもとへ、それらを効率よく収納し、コンパクトで容易かつ安全に搬送できる、機能性と利便性が高いカートを設計・デザインしました。

デザイナーの想い

医療施設用の次世代型カートを目指すとともに、医療の安全、安心、信頼できる「救命救急カート」を体現しました。「医療安全」に対して(1)院内感染・汚染(2)ヒューマンエラーによる医療行為ミス(3)いたずらなど悪意ある行為 の3つに分け、それら阻害要因から患者と施設を守るよう、設計しました。また、デザインは、アルミニウムの持つシャープなラインとプラスチックの持つ温かみのある柔らかい素材感を融合させ、他のカートとは違う高級感を追求し、ディテールにまでこだわってデザインしました。たとえば、ひとつのパーツごとに軽量化を考慮したことや、カートのハンドルは、握りやすい最適な太さを割り出し、さらに断面形状を8角形とすることで、親指の感触と握った手のグリップ感が高まり、カートの操舵性を高めました。これらにより「救急カート」がいち早く安全に現場に駆けつけることで人の命を救う一助になればと思い願います。

仕様

カート本体=W757×D558×H999mm~ 引出し=H50×W541×D341mm H100×W 539×D339mm H230×W535×D335mm 救命救急処置に必要な薬品や機材、医療材料の収納・搬送用カート。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

サカセ化学工業株式会社 各支店、各営業所、各ショールーム 各主力代理店
サカセ化学工業株式会社

審査委員の評価

救急救命のための引出しは、仕切りや高さの構成をフルカスタムでき、オールプラスチックで金属レールを用いず院内感染・汚染防止のために水洗い可能で、管理点検の徹底のための施錠・封印機構など、医療業務を総合的に考慮した機能性が実現されている。アルミとプラスチックの素材の使い分けは上質感があり、どこにあっても目につくカラーリングを含め、総合的に完成度の高いデザインである。

担当審査委員| 田子 學   安次富 隆   重野 貴   村上 存  

ページトップへ