GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ダイニングチェア [AWASE]
事業主体名
飛驒産業株式会社
分類
生活家具/家庭用照明器具
受賞企業
飛驒産業株式会社 (岐阜県)
受賞番号
17G060536
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ウインザーチェアをベースに、できるだけシンプルに軽快な印象を探求。柔らかい曲線をもつ特徴的な背は、やや高めに空間との調和を意識しました。合わせるファブリックは、着せ替えやすく、インテリアをより楽しむ家具に。西と東の文化慣習が合わさり、今までのものに新しい価値が合わさり、二つ以上のものを一つにする「合わせ」という考え方を、今とこれからの暮らし方に取り入れたいと考えました。

プロデューサー

飛驒産業株式会社 代表取締役社長 岡田 贊三

ディレクター

飛驒産業株式会社 デザイン室長 中川 輝彦

デザイナー

有限会社イガラシデザインスタジオ 五十嵐 久枝

詳細情報

https://kitutuki.co.jp/products/awase

発売
2016年12月19日
価格

50,000 ~ 65,000円 (ファブリックによって価格が変わります。)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

軽快に楽しむ日本のウィンザーチェア

背景

「軽量なチェア」をコンセプトに本プロジェクトはスタートしました。軽さには、使い勝手取り回しの良さと木材の節約に繋がるという利点があり、現況での木材高騰に対する策とも考えます。昭和26年からウインザーチェアを製造する飛驒産業が、今の工場技術を駆使してウィンザーチェアの軽量化を研究しました。

デザイナーの想い

合理性を伴う繊細な構造の美しさは、ウインザーチェアの特徴。チェアの代表的なアイコンのひとつである。今も多く使われ注目され続けている理由には、背の美しさによる高いインテリア性にある。AWASEでは一般的なウインザーチェアよりも背を10センチ高くし、全体のバランスを細く高くより空間に主張するリデザインを図っている。全体は滑らかなカーブに仕上げ、座面下でも滑らかな手触りを大切にしている。また座面にはクッションを取り付けて、坐り心地と共にインテリアの楽しみがプラスされることを想像しています。ユーザーにとってメンテナンスが容易であることに注力し、気軽にカスタマイズ(着せ替え)出来ることがインテリアを楽しむことに。半世紀以上高い品質のウインザーチェアを作り続けているメーカーと、新たな特徴をあわせ(AWASE)もつウインザーチェアを発信し、生活の道具家具により深い関心を寄せていただけることを願います。

仕様

主材:ビーチ  塗装:ウレタン樹脂塗装  W44.5×53.5×89.5cm

どこで購入できるか、
どこで見られるか

HIDA TOKYO MIDTOWN 、飛驒の家具館(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・北海道・高山)
飛騨産業株式会社
HIDA

審査委員の評価

伝統的なウインザーチェアは、その形式上、座クッションの取付ける際のバランスが難しい。このチェアは極めてオーソドックスなウィンザーチェアであるが、座クッションがチェアにとてもよく馴染んでおり、それがひとつの特徴になっている。またカバーリングの機構もとても考えられている。曲げ木を使用したボウバックの柔らかさ、そして座布団を想起させる座クッションも相まって、日本の住空間にフィットする日本的なウィンザーチェアが生まれている。

担当審査委員| 鈴野 浩一   橋田 規子   原 研哉   藤森 泰司   吉田 龍太郎   Puvanai Dardarananda  

ページトップへ