GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スツール [デュエンデ ベントスツール]
事業主体名
株式会社マークスインターナショナル
分類
生活家具/家庭用照明器具
受賞企業
株式会社マークスインターナショナル (東京都)
受賞番号
17G060531
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

座面を固定する太いパイプが、まるで熱で溶けたように他方のパイプに沿って潰れています。 一見構造上、か弱く見えますが、つぶれたパイプが前脚を強くホールドし、更に裏面から溶接することでイスとしての耐久性を十分保っております。 Tube Flattening(パイプ潰し加工)の持つメリットを最大限に引き出し、最小限の工程とパーツ数で作られた新しい家具です。

プロデューサー

株式会社マークスインターナショナル マネージングディレクター 大谷正人

ディレクター

株式会社マークスインターナショナル ディレクター 西場弘治

デザイナー

岩元航大

詳細情報

http://www.marcs.co.jp

発売予定
2017年11月
価格

14,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ローテクな技法であるTube Flatteningを再解釈し、応用した家具の提案

背景

Tube flatteningとは本来、金属のパイプを溶接やボルトで固定しやすい様に、接合部分を平らに潰す技法を指します。 本プロダクトは、この古くからあるローテクな技法に立ち戻り再解釈することで、現代の暮らしにマッチした 製品を生み出すプロジェクト”Tube Flattening Project”から生まれました。

デザイナーの想い

新素材や最新技術が次々に開発される中、メーカーやデザイナーはそれを応用した、最新・最先端の製品作りに時間と労力を注ぎます。また、3次元モデリングソフトやラピッドプロタイピング機器の普及に伴い、実際に手を動かしハンドツールや工作機械を使って試作を行うことも以前と比べて少なくなったように感じます。 しかし、時代が進み新しいライフスタイルが生まれる以上、昔ながらのローテクなモノ作りも、その時代に合わせて変化・進化する余地は十分あります。 粘土の塊を徐々に立ち上げ全体のバランスを吟味する陶芸家のように、試作の段階で形状や質感までこだわることの出来るローテクならではの良さに着目することで、造形的に美しいプロダクトが生まれるのではないか、と考えました。 今回の製品開発は、以上の考え方を体言したプロダクトです。

仕様

w.420 x d.346 x h.513mm、重量約2.8kg、脚-tube flattening(パイプ潰し)加工、座面-アルミニウム押出成形

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社マークスインターナショナル
株式会社マークスインターナショナル

審査委員の評価

安価な家具によく見られる”Tube Flattening”(パイプ潰し加工)の技術を再解釈し、U字型に曲げた2本のパイプの片方をつぶしてを噛み合わせるだけでスツールを作り上げている。単純な構成でありながら座り心地も良く、持ちやすさもある。日常の道具としてとても良く出来ている。

担当審査委員| 鈴野 浩一   橋田 規子   原 研哉   藤森 泰司   吉田 龍太郎   Puvanai Dardarananda  

ページトップへ