GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
エアーコンディショナー [小空間マルチカセット ココタス]
事業主体名
ダイキン工業株式会社
分類
住宅設備
受賞企業
ダイキン工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
17G060516
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

業界最小サイズの小空間向け住宅用カセット型エアコン。小空間への設置を可能にすることで、住空間の温度差をなくし、社会問題でもあるヒートショックや熱中症といった家庭内事故を予防します。さらに、多様化する空間づくりのニーズにも応え、快適で豊かな住まいの実現に貢献します。

プロデューサー

ダイキン工業株式会社 空調生産本部 住宅設備商品グループ グループリーダー 小泉淳、主任技師 村田勝則、チームマネージャー 荒屋享司、チームマネージャー 斎藤和也

ディレクター

ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター 先端デザイングループ グループリーダー 関康一郎、チームリーダー 村井雄一

デザイナー

ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター 先端デザイングループ 山下真菜

発売
2018年2月27日
価格

140,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

いままでの小空間の課題を取り除き、これからの小空間の生活を充実させるエアコン

背景

現在のエアコンはリビングや寝室といった居室空間向けの性能やサイズのため、洗面室やキッチンといった2畳ほどの小空間に設置は適しておらず、ユーザーは冬場、洗面室にヒーターを持ち込むことで空間を圧迫し、夏のキッチンでは扇風機を使ってリビングからの冷気を引っ張ってくる、といったような個々の工夫で対処し不便な思いをさせてしまっています。一方で、ライフスタイルの多様化からミニ書斎やパントリー、ウォークインクローゼットといったさまざまなタイプの小空間を取り入れる住宅が増えており、このような場所で過ごす時間を快適で充実したものにしたい思いから、小空間の空間づくりにこだわるニーズも増えています。

デザイナーの想い

小空間を快適にするデザインに徹底的にこだわりました。その中でも特に注力したのは性能、サイズを大きく左右する吸込部と吹出部のデザインです。2畳ほどの小空間では数センチの違いが大きな圧迫感につながります。そこで、整然とした直線で構成する格子窓のような吸込みグリルのデザインで吸気効率を最大限に上げ、厚み寸法20mmを実現しました。また、ミニ書斎のような小空間では音の快適性も重要です。そこで、音を抑えた上で理想的な気流を作るため、吹出形状のあり方を見直し、最大限に面積を確保する効率的な形状を追求し、コの字型フラップのデザインを導き出しました。そして、これら機能要素が違和感なく調和するよう整理し纏め上げました。このように圧迫感なく静かに空間に調和する小空間のためのデザインで、快適な空気環境をつくり、より充実したユーザーのライフスタイルの実現に貢献したいと考えています。

仕様

能力:冷房0.8kw/暖房1.0kwクラス(主に2畳用)  エアコン本体外形寸法:H175×W315×D412(mm)  パネル外形寸法:H20×W380×D460(mm)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

住宅設備業者、空調設備機器業者等
ダイキン工業株式会

審査委員の評価

書斎や茶室、キッチンや洗面室、子供部屋などの日本の住宅や空間に多く存在する狭小空間の為に必要なサイズのエアコン。これまでは大型のエアコンで対応するしかない場合が多く、小さな空間の中に大きなサイズのエアコンの存在感には圧迫感があったが、そのような日本の狭小空間向けにサイズから詳細のディテールまで繊細にデザインされている。また、アプリでも制御できるような細やかな使用者向けの配慮もなされている。

担当審査委員| 鈴野 浩一   橋田 規子   原 研哉   藤森 泰司   吉田 龍太郎   Puvanai Dardarananda  

ページトップへ