GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
枕 [眠り杉枕(ねむりすぎまくら)]
事業主体名
遠山産業株式会社+株式会社磐城高箸
分類
衛生・美容・健康用品/家庭用医療器具
受賞企業
株式会社磐城高箸 (福島県)
受賞番号
17G030195
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「眠り杉枕」は、間伐材割り箸を約500膳刻んだ杉チップ(約6mm角)を中材にした、これまでにない枕です。安眠効果の高い香り成分「セドロール」と、クッション性抜群の寝心地で、森林浴をするかのような心地よい眠りをお届けします。

プロデューサー

遠山産業株式会社 佐藤光弘、高橋正行

ディレクター

岩見哲夫、町田幸司

デザイナー

馬場立治、鳥居塚実

詳細情報

http://iwaki-takahashi.biz/products/pillow

発売
2016年12月
価格

16,200 ~ 27,000円 (眠り杉枕(白)=辺縁部の杉チップ(16,200円) 眠り杉枕(赤)=中心部の杉チップ(27,000円))

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

家に帰って眠るのが楽しみな、育てる杉枕。

背景

睡眠に対する関心、中でも、寝付きの良し悪しに代表される睡眠導入部分への関心が高まっています。原木から割り箸の最終製品までを一貫製造するメーカーとして、杉間伐材の新たな有効活用と付加価値の向上を模索する中で、杉の香り成分「セドロール」に安静効果が認められることに気づきました。より深く磐城杉の性質を探るため、県内研究機関に分析を依頼したところ、「他の国内産の杉やヒノキに比べ、磐城杉は伸縮性があり、中身がスポンジ状の構造となっていることで吸水性も優れている」との科学的知見を得たことから、枕中材としての可能性を見出し、製品化に取り組みました。

デザイナーの想い

香り成分「セドロール」の安静効果に着目しながら、寝心地、使い勝手、重さ等々、高次元でのバランスを追求しました。香りを遮らず、かつ、おが粉の漏れを防止するため、3層構造の立体メッシュの内側にポリエステルタフタを合わせることで、従来にない通気性、クッション性を実現しています。また、チップを取り出せばブレスエアーシート、中袋は丸洗い可能で、メンテナンス性にも配慮しました。

仕様

約D43×W63×H6~9 or 8~11cm、約2.3kg。 チップの下に入れるブレスエアーシートは2種類の高さを選択可能で、高さの微調整はチップの増減で行えます。 [カバー:綿100%、生地:ポリエステル100%、中材:杉(間伐材)、指定外繊維(ポリエステル系繊維)]

どこで購入できるか、
どこで見られるか

丸ほん(福島県いわき市)
すやみん工房
マクアケストア

審査委員の評価

今まで廃棄されてきた日本製の高級割り箸の規格外品や端材の有効活用を実現した点が評価された。本来の事業である割り箸製造の過程で生じる無駄の削減という経済的な側面と、環境への配慮を両立させただけでなく、安眠効果が期待できる香りの良い枕という新たな価値を創出した。枕は寝やすい形状であり、中に入っている杉チップは互いに擦れ合うことで香りが持続する。枕としての機能性にも優れた、多方面でメリットの多いデザインである。

担当審査委員| 柳原 照弘   池田 美奈子   松本 博子   みやけ かずしげ   Andrew Pang   Hui ming Tong  

ページトップへ