GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
業務用ソフトウェア [入金回収ソリューションパッケージ Victory-ONE]
事業主体名
株式会社アール・アンド・エー・シー
分類
業務用ソフトウェア・サービス・システム/業務用機器インターフェイス
受賞企業
株式会社アール・アンド・エー・シー (東京都)
受賞番号
16G141098
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

企業間取引におけるお金のやり取りにおいて、相手企業に請求した金額が請求額通り入金されたかどうかを確認する作業を入金消込作業といい、企業の債権管理における重要な業務です。本システムは当該消込業務やそれにまつわる周辺管理業務に完全特化するという他にはないニッチなコンセプトで作成されました。当該業務を、特化製品ならではの独自でユニークな機能で自動化し、圧倒的な作業精度の向上、業務効率の向上を図ることが可能となります。

プロデューサー

高山知泰

ディレクター

西郡孝雄、佐々木隆幸

デザイナー

岡林拓真 、マウンティハチョウズワ

詳細情報

http://www.r-ac.co.jp/victory-one/

発売
2016年11月
販売地域

日本国内向け

設置場所

http://www.r-ac.co.jp/victory-one/

仕様

Windows Server 2008,Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2

受賞対象の詳細

背景

入金回収業務は、得意先の入金条件に合わせる必要がある業務のため、処理フローの標準化が難しくシステム化しにくい分野です。自社の処理フローで完結できる会計や請求販売にかかわるシステム製品は世の中に多くあるのですが、入金回収業務に特化した製品は多くありません。にもかかわらず、業務自体は重要な業務であり、ミスの許されない神経質な作業となるため、システムによる自動化が効果的と判断しました。

デザインコンセプト

お金の情報を扱うシステムのため、見た目の派手さより、正確性や操作性などを重視しています。

企画・開発の意義

入金回収業務は、経営者の発想として、①入金確認作業は行わなくても得意先に迷惑をかけるものではない、②請求書さえ発行していればお金は入金されてくるものと思っている、③受注に関しては敏感だが回収まではそこまで意識していない、など多くの誤解や間違いがあり、バックオフィスの中でもシステム化が遅れている分野です。ここに特化製品での合理化を提案することで、その重要性を再認識してもらうことを目的としています。

創意工夫

単に請求と入金を照合をするだけのシステムではなく、その周辺管理まで含めて合理化・効率化する特化システムにすることを最重要視しました。ただの照合ツールであれば、それほど苦労なく開発できたと思います。本製品は、消込後の会計仕訳作成や未入金、過入金などの違算情報の営業現場展開など、WEBやメールをベースにした総合管理を可能にする、他にはないコンセプトを持っています。これよにより、従来の会計システムや請求販売システムだけではできなかった入金回収業務というニッチ分野の合理化を実現しています。

デザイナーの想い

入金回収業務はどちらからというと支払う側である得意先にイニシアチブがあるため、自社の都合通りに業務フローを作れない、という問題があります。本製品では、これらの問題を解消するべく柔軟なシステム設計を心掛け、どのような企業でも導入効果を最大限発揮できるよう設計しています。また、これまで100社を超えるユーザーから直接的に顧客ニーズを拾い上げているため、他製品では実現できない仕様になっている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社アール・アンド・エー・シー
R&AC公式ウェブサイト

審査委員の評価

仕事を減らすことで、人が新しい仕事に打ち込めたり、残業を減らし余暇を増やすことにつながることは素晴らしいことである。20名で5日かかっていた作業を2名で3日に短縮した事例があるとのことで、このような事例をたくさん増やし続けてほしい。

担当審査委員| 青山 和浩   上田 壮一   ナカムラ ケンタ   閑歳 孝子  

ページトップへ