GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スマートフットウェア [Orphe / オルフェ]
事業主体名
株式会社no new folk studio / ノーニューフォークスタジオ
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
no new folk studio (東京都)
受賞番号
16G131058
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Orphe(オルフェ)は、動きを”光”と”音”に変換する世界初の「スマートフットウェア」です。 一見シンプルなスニーカーですが、LEDやモーションセンサーをはじめ、様々な電子部品が内蔵されており、スマートフォンと通信を行うことができます。 靴型電子楽器としてパフォーマンスしたり、足の動きを活用したコントローラーにしたり、動きや音に合わせて明滅させたり。アイディア次第で、シーンに応じた使い方ができるようSDK(ソフトウェア開発キット)も公開されています。 Orpheは、テクノロジーを搭載したファッションアイテムであり、誰もが使い方を提案できるプラットフォームとして、創造力を刺激します。

プロデューサー

株式会社no new folk studio 菊川裕也

ディレクター

株式会社 no new folk studio 金井隆晴

デザイナー

株式会社 no new folk studio 金井隆晴、松葉知洋、中西恭介

詳細情報

http://orphe.shoes/

発売
2016年9月
価格

44,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

日常を表現にする

背景

様々なウェアラブルデバイスが発表されている中で、靴とテクノロジーを組み合わせたスマートフットウェアも出現してきています。 それらが提供する価値の多くは、ヘルスケアや道案内などの実用的なものが挙げられますが、一般に広く普及した事例はまだありません。 私たちは、靴とテクノロジーを「表現」をテーマに融合したら、誰も見たことがない価値や市場を生み出せるのではないかと考え、この企画を始めました。

デザイナーの想い

未来の靴の姿は、様々なSF映画で描かれてきました。しかし、Orpheは表現をするための靴です。光も纏うLEDシューズでもあるし、音を奏でる楽器でもあります。そのような靴がどんな姿であるべきなのかは誰も描いたことがありません。 だからこそ、従来の靴の姿からかけ離れることのない、日常と地続きのデザインを意識しました。このデザインが将来のスマートフットウェア像を形成する一部となったら幸いです。

企画・開発の意義

ユーザの動きを音と光に変換すること、そして身体を拡張し情報世界とつなげること。例えば動きが音楽に変換されることで、これまで音楽に従属的だったリズムをダンサーが主体となってコントロールできるようになります。 靴という全ての人の日常に根ざした媒体を用いることで、多くの人に情報世界との新たな触れ合い方を提案し、また開かれたプラットフォームに人々を巻き込みながら、靴そのものの在り方を進化させていきます。

創意工夫

製品の外観は、様々な表現シーンと調和できるようにミニマルであることを目指しました。近未来感を演出するために、滑らかな質感の人工皮革を選定し、ステッチも極力使わないデザインにしています。 製品の特徴でもある発光するソールは、度重なる試作改良を経て美しい光り方を実現しました。個々のLEDは点光源ですが、それが線・面として発光するように見えるのが特徴です。また、着用者の運動による負荷でLEDが破損しないよう、構造や回路のパターンを工夫し、プロダンサーの動きにも負けない耐久性を実現しました。 また、この企画の実現で一番重要だったのは、靴工場と電子基板工場を組み合わせたサプライチェーンの形成でした。両者はお互いの専門性についての知識を持っておらず、常識や文化も異なります。ビジュアルや試作機を用いて、いかに彼らの橋渡しをして、製品を具現化していくかが最も創意工夫が必要だったところだと思っています。

仕様

情報機器と繋がる表現のためのスマートフットウェア。 約100個のフルカラーLEDやモーションセンサを搭載し、装着者の動きによって光や音のコントロールができる。専用ソフトウェア: iOS/Android用アプリ「Orphe」、OSX用アプリ「HUB App」。カラー展開:黒/白の2色展開。サイズ展開:5サイズ(23.5/25.5/27.0/28.5/30.5 cm)。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

伊勢丹 新宿店/二子玉川 蔦屋家電/金沢21世紀美術館ミュージアムショップ/そごう 神戸店
伊勢丹オンラインストア
amazon.co.jp
二子玉川 蔦屋家電 オンラインショップ

審査委員の評価

工学的に難度の高い技術をシンプルなデザインに収めていること、SDKが公開されていること、プロダクトとアプリのシームレスな接続など、全体的に文句のつけようのないクオリティと設計が評価された。コスト、重量、ダンス以外の展開といった課題はあるものの、今後の改良によってより一般的なフットウェアとしての姿が見えることに期待したい。

担当審査委員| 鹿野 護   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   マシュー・フォレスト  

ページトップへ