GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
自動車 [ボルボ XC90]
事業主体名
ボルボ・カー・ジャパン株式会社
分類
移動用機器・設備
受賞企業
ボルボ・カー・ジャパン株式会社 (東京都)
受賞番号
16G070547
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

XC90は、全く新しく生まれ変わった7シーターSUVです。 スウェディッシュデザインを色濃く反映したデザインは、洗練を極めたスタイリングを実現しています。インテリアにも最上級の素材を用い、ナチュラルで美しいディティールと7人が快適に過ごせる快適な空間を実現しています。 ボルボならではの高い安全性は、世界初の2つの技術ともに、世界最高水準の全方位的な先進安全機能を標準装備しています。 また、環境性能では、プラグインハイブリットモデルにより、高出力と燃費性能を両立。電気モーターのみで35.4kmの走行が可能です。 新型XC90は、全世界で60以上の賞を受賞。その実力が高く評価されています。

ディレクター

ボルボ・カー・グループ 上級副社長 デザイン担当 トーマス・インゲンラート

詳細情報

http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc90

発売
2016年1月
価格

7,740,000 ~ 10,090,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

背景

新型XC90は、今、世界中で注目を集めている高級SUV市場に、ボルボのフラッグシップモデルとしてまったく新しく開発、投入されたモデルであり、デザイン、テクノロジー、商品性の全てにおいて、ユーザーのライフスタイルを変える力を持ったブランドを象徴するモデルです。 XC90は、より先進的でプレミアムな新世代ボルボの幕開けを具現化したものなのです。

デザインコンセプト

スウェディッシュ・デザインを体現する、洗練されたシンプルかつ機能的なデザイン。

企画・開発の意義

新型XC90は、スウェーデン史上最大級となる約1兆3,000億円もの投資による一連の構造改革から生み出された最初のモデルです。その核となる、新たなプラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」は安全性の劇的な向上はもとより、電動化や自動運転を見据えたものです。新開発されたPHEVに代表されるパワートレーンと併せ、より先進的でプレミアムな新世代ボルボの幕開けとなります。

創意工夫

新型XC90の外観上の一番の特徴は、北欧神話に登場するトール神(雷神)がもつハンマーをモチーフにしたT字型のポジションライトが印象的なLEDヘッドライトをはじめ、シャープなショルダーラインで構成し、虚飾を廃した機能的で美しいボディはスカンジナビアンデザインを色濃く反映しています。また、リニューアルしたアイアンマークを中央に配したエレガントなグリル、リアライトの力強い造形といったシグネチャーは、ボルボのアイデンティティを継承しています。また、最上級の素材を用いたインテリアは、クリーンでモダンなスカンジナビアンラグジュアリーを実現しています。縦型のタッチスクリーン式センターディスプレイには主要機能の操作系を集約。Apple社のCarPlayをはじめ、ナビゲーションや空調、メディアなどの操作が直感的に行えます。ボタンやスイッチの数を大幅に減らし、機能的で美しいキャビンを生み出しています。

デザイナーの想い

新しいXC90のインテリア・デザインは、ボルボのパラダイム・シフトが反映されたものです。ボルボは豊かな所有体験を創造することに重点を置いています。ウッド素材やレザー、そしてクリスタルといった天然素材を用いることで、ドライビングに、静けさと安らぎを与えています

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ボルボ正規ディーラー
ボルボ・カー・ジャパン オフィシャルウェブサイト

審査委員の評価

シンプルなのに暖かみがある・・・北欧デザインの特徴を非常に洗練された手法で表現している。フロント、サイド、リアともにクリーンな造形であり、デザイン要素は決して多くはない。それでいて上質感を感じさせるのは、精密なボディワークと練りに練った面構成の為せる技だ。上質な素材を高い精度で組み上げたインテリアはまさにスカンジナビアン・ラグジュアリー。ドイツ車とも日本車とも違う、クリーンでオーガニックな雰囲気は、すべての乗員に最高レベルの寛ぎを提供してくれる。SUVでありながら、ミニバンに匹敵する快適性を備えた3列目シートを実現しているのもXC90の魅力だ。

担当審査委員| 根津 孝太   伊藤 香織   岡崎 五朗   佐藤 弘喜   Juhyun Eune  

ページトップへ